0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BARFOUT!


BARFOUT02.jpg


なんていう圧倒的なモノクロ写真…
西島さんページを開いた瞬間、息をするのを忘れちゃうくらい
静かにうつむき、そして西島さんを象徴するような指先に心臓が止まるかと…

なーーーんっつって、センチに書く私だが、
正直…

これは本当に西島さん?
こんな表情は見たことないーーーーー!!!!


ってくらい心臓バクバク。

いやもう、想像してなかったから…そっかBARFOUTってビジュアルデザイン系雑誌だったんだっけ?
そんなこと忘れてたよ~。


BARFOUT03.jpg


『CUT』のDVD化での単独インタビューなんだけど、海外での映画祭で絶賛されて(インタビュー時は「トライベッカ映画祭」に行く前なのね)改めて『CUT』の凄さを思い知ったというか…。1映画作品×1発パンチ(いや100パンチ?)ほんとに最近映画観るたびに、何かしらパンチを食らった感覚になるのは『CUT』観たせいなのかなぁ~。すご~く考えるようになったというか…。

っま、西島さん映画しか観てないけど(←へ?)

そして、西島さんのブレない部分の話とか、以下省略しながら抜粋↓

+++

「毎回役が変わる度に、その人だと信じてもらいたんです。もちろん、スクリーン上での架空の人物の話ですけど。でも、「ここに本当に存在している」という風でいたいし見られたいとずっと思ってます。」
「イメージが変わる役…「この役良かったです」と言われるような役とは全然違う役もあるわけですよね。秀二みたいなどう見ても負け犬で、最低の奴。でも僕は最終的には聖者にしたかった。僕は、何でもかんでも、観客の方が感情移入して共感する、一緒に進んでいくようなキャラクターが良いってものではないと思っていて。だから、秀二に共感はできないけど、この男が存在した何かを感じるとか…そういうことをやっていきたいですね。」

+++

役者って色んなキャラクターを演じるんだけど、好きな俳優さんがやったからって全てが共感する役柄ではないんだけど、その中でもこの行動は良かったとか、こんなやつ嫌いだとか一瞬でも心に残る演技があれば、その俳優さんは成功したと言えるんじゃないのかな?って思うことがある。西島さんの演技って、ほんとにキャラクターにウソをついてないからこそ、「そーいう人いるよねぇ~」って、どんなに酷い役をやっても素直に受け入れられちゃう凄さがあって…。この答えを聞いたら、やっぱり!って思ったな。

なんかすごく誠実な好青年、西島秀俊を見た気がした…
もう受け答えが「好青年」。
けど、映画に対してはほんとに真面目なんだなぁ~ってつくづく思う。

さて、『CUT』のDVD発売は7/3。
もちろん予約はしてあるけど、まだ2ヶ月あるよーーーー。
けど、西島さんどーしてるんだろー?って思ってる時期に、こーやって顔を出してくれると嬉しいもの。
スッキリ切った髪の毛もちゃんと見ることできたし、これで寂しさも凌げそう♪
にしても、最近思う…

西島さんって…モノクロ王子だよね。
だって、『FLYING POSTMAN PRESS』もそーだったけど、カラーよりもドキドキして、


FLYING POSTMAN01


言葉にならないっ!!(≧▽≦)

ってくらい素敵なんだよなぁ~。


スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment

まだ韓国には入庫にならなかったです T_T
写真がとても格好よいです ><
すぐ買って見たいです!!!

soyさんとこにも「BARF」の画像がたくさん(*´∀`*)
もう入手出来るんだなぁ~って感心してたけど、まだでしたか(^^ゞ
最近の西島さんって、妙に色っぽい。

でもって、会社の人にこの写真見せたら(←昼休みにじっくり読む)
えーーー!これ西島さんなの?って驚かれた。

…一体どんな印象だったんでしょうね?(苦笑)
TVで見せた天然っぷりを観てた彼女…
どーもそのイメージで固まってたらしい(笑)
西島さんは、とても素敵だってことをやっと分かってくれたかな?^^;

おっと、早く雑誌来ると良いですねぇ~♪

今日注文しました. すぐ見られますね ><
インタビュー内容も読んで見たいが.. やっぱり
日本語は難しいです ^^;;
インタビューの内容がとても分かりたいです ><

>soyさん

海外だとどれくらいのお届けになるんでしょう…?
でも、すぐに素敵な西島さんが!ほんとにため息ものです。
インタビューは日本語…ですねぇ^^;
えーっと、↑の内容とか、「CUT」公開後の反応の話とか…

「今までインディペンデント映画に興味のなかった人たちが、
「CUT」を観て、こんな映画もあるんだ!って強く反応してくれたことを感じたとか、そういう映画を観るチャンスがなかった、触れる機会がなかった人たちに何かを訴える映画なんだなって思い返した」

って、書いてありました。

あとは、バラエティ番組にゲスト出演すると「カッコイイ!」って何年も言われ続けてるけど…っていう質問に

「あんまり言われてないですよ(笑)。場違いだけど大丈夫?みたいなことしか言われないですよ。だからお邪魔しますっていう感じですね(笑)」

だそうです。長くてちょっと硬いインタビューの中に、ちょっと笑いあり。こんな感じでごめんなさい。まとめるのが苦手で…。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

プロフィール

ron

Author:ron
メインはなんだか西島秀俊になってるが、大沢たかお、藤木直人ネタも(時々)書いてます。

音楽はスピッツ、吉井和哉、高橋優が大好きです。

ミーハーブログですが、どうぞ宜しく♪

最新記事

最新コメント

リンク

スピッツPV



presented by スピッツYoutube

-Supported by ブログパーツ屋-

カテゴリ

月別アーカイブ

MONTHLY

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。