0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神童


神童


過去に観たけど、西島さん出てましたっけ?(なんだって)シリーズ第2弾。

今回は松山ケンイチ主演『神童』だよ。

えーっとね、松ケン私好きなんですよ~。一時期ものすごい好きだった頃があって、松ケン映画ぐわーーっと観てました。この『神童』もほんとに好きな映画なんだけど、ロケ地が高崎なもんでちょっと他の映画とは嬉しさが違って(笑)。和音(ワオ)の八百屋がある商店街は何度も何度も遊びに行っている~!!

群馬県民、松ケン好きにとっては『神童』は外せない映画なんですけどね。

けど、そんな外せない映画に問題の西島さんが出てた!っていうから、私の頭ん中パニックですよ。も、もしや…うたのお父さん?。うたがお父さんとの思い出を浮かべるシーンのほんの数分…もう有名俳優じゃないと(失礼な)思ってたので気持ちよくスルーしてました。けど、なんか雰囲気の良い俳優さんだなぁ~とは思った…けれど。

改めて観ると、やっぱり数分でも輝いて見えますね。

小さな”うた”を連れてピアノの墓場と言われる(使命の終わった)倉庫にやってくる光一郎(西島さん)。柔らかな表情のなかに、儚げな仕草がこれから起こることを予期してるように感じられ、西島さんの演技の上手さが光るシーンになってます。


神童01

好きなピアノを選んだ”うた”がピアノを弾く姿をじっと見つめ…



神童02

ふと、宙を見上げ耳を傾ける…

「もう蝉が鳴いてるよ…うた。」



神童03

そして、再び”うた”を見て微笑む光一郎。



”うた”はタイトルの『神童』と呼ばれるような天才的なピアノの才能をもつ13歳の中学生。ピアニストだった父は若くして他界するが、その才能を受け継いだ彼女に母親は大きな期待を抱いている。体育は禁止、手袋は日常的に着用、そんな彼女を笑うかのように同級生たちは嫌がらせをしたりする。思春期の彼女にとってピアノがそんなに大切なものとは思えなくなっている。

そんな折、音楽大学を目指す和音(ワオ)に出会う。うたとは違い、ピアノが好きで好きで仕方のないワオ。自分にはないワオの姿に興味を覚えいていき、次第に親しくなっていく。やがてワオは音楽大学に首席で入学し、かつてうたの父と友人であった御子柴教授と出会い、さらにひょんなきっかけで、うたの演奏を御子柴教授が聴くことになる。その曲は、うたの父と競演した思い出の曲だったのだ。

教授の口から父のおかしなエピソードを聞く、うたと和音。だが、父は難聴で年々酷くなる一方で悩んでいたらしいのだ。かくゆううたも耳鳴りに悩まされていたのであった「蝉の鳴き声がするよワオ」。不安な気持ちを抑えながらも、父との思い出や、また自分と同じ病気であったこと、音楽として生きたかった父親の生き方を理解し、自分もピアノへ進んで向かっていこうと変わっていく…。

ある日、リヒテンシュタインの代役としてオーケストラ交えて持てる限りの演奏を披露する。だが、演奏直後うたの聴覚は途絶えてしまった。恐れていた音のない世界。自分の居場所を求めて夜の街をさまよい歩く。そして、かつて父と行ったピアノ倉庫へと足を向けた。そこには今はなき、父が愛用していたピアノがあった。音を出すのをためらう、うた。そこへ現れたのは…

というようなストーリーなんだけど、最後のうたと和音の連弾のシーンがほんとに温かくて泣けますねぇ~。すべてがこのシーンに向かっていく!まさにそんな感じでした。この2人が、中学生と大学生なので恋愛にまで発展しませんが(苦笑)、音楽で繋がっているんだなってピュアな気持ちで見守ることができます。




2分50秒ちょっと過ぎから、演奏始まります^^


そして、この映画のメイン曲でもあるハトリ・ミホさんの「a ripple song」がほんとに素晴らしい。

それから、西島好きにならなかったら絶対分からなかったであろうキムラ緑子さん!!がいらっしゃる。
…っと、大沢たかおちゃん映画によく共演してる柄本明さん(フフフ…)。


神童04



真木栗先生と一緒にお風呂入ってたんですよねぇ~(笑)。この映画では絡みはなかったけど、西島さんと繋がりでなんとも嬉しいかな。

そうそう、最後にこの映画の萩生田宏治監督さん…といえば、西島さんの『帰郷』の監督さんでもありました!!いやーーーーぁーーー!!びっくり。つか『帰郷』注文しなくっちゃ(爆)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: おぉ~!

なんていうか松ケンも西島さんの匂いがするのかな?ちょっと風貌似てますよね。私は、『セクシーボイス&ロボ』っていうドラマで好きになったんだけど、映画も好きなのたくさんです。『神童』は高崎映画祭(今年『CUT』で西島さんが主演男優賞を獲った)を主催する高崎フィルムコミッションが提供してるんですよ~。

というのは置いといて、西島さんなんだけど、やっぱりピアノの映画なので観てるかな~とは思ってました。ほんと演奏してる姿が観たかったです、指先とか綺麗ですもんねぇ~。

緑子さん…お風呂だけじゃないんです…もうね勉先生の優しさ?押し倒された?分かんないけど、断れなかったんですねきっと。私も泣いた…(わーん!!)。

お久しぶりです^^
『神童』まだ観てないです~いつか必ず観ます。
最近では『ゼロの焦点』を観ました。過去の作品を私も必死で追っていますが、私は『サヨナライツカ』や『ゼロの焦点』あたりのお坊ちゃん髪型が好きだ!!と気づきました(笑
『僕スタ』で恋に落ちたのは確実なのですがサラサラ坊ちゃんヘア、かなりストライクです!

そしてそして、ご報告なのですが、1月30日に急遽開催された『CUT』のトークショー、行ってきたのですよ!!!
しかも前から3列目の席ーーーー!!!朝からならんでチケットを買ったかいがありました。
もうあんなに近くで西島さんを拝めることはないでしょう・・・
やっぱり素敵でした。裸眼ではっきり見えましたよ!あの照れ笑いが(笑
夢のようなひと時でした。今だ覚めやらず・・・
高崎の映画祭にもきっといらっしゃると思います!ronさんも都合が合って西島さんに会えることをお祈りしておりますーーーー!!

>ゆめこさん

私も『ゼロの焦点』を過去に観たけど西島さんだったっけ?ウィークで先週観直しましたよ~。でもちょっとレビューが上手くいかないので、今週くらいにはUPしたいかなと。

で、お坊ちゃん風髪型に賛成!!。ちょいパーマもカッコ良いけれど、なんかカッコ良過ぎて西島さんじゃないみたい(←えっ!)。サラサラヘアにならないかな~てちょっと思ってたので、ゆめこさんの意見にそうそうって。

>『CUT』のトークショー

劇場に9:30でしたっけ?チケット発売だったんですよね~。ほんとにご苦労様でした、けど西島愛あってこそですものね、すごいです~。しかも3列って・・・私だったら倒れますねきっと。。。あの照れ笑いが、ほんとに40なのかしら?って(爆)思えなーい。高崎映画祭でぜひ、だから来てくださいって毎日お願いするしかないですね。

ゆめこさんうらやましい~o(≧∀≦)o

うん、羨ましいo(≧∀≦)o

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

プロフィール

ron

Author:ron
メインはなんだか西島秀俊になってるが、大沢たかお、藤木直人ネタも(時々)書いてます。

音楽はスピッツ、吉井和哉、高橋優が大好きです。

ミーハーブログですが、どうぞ宜しく♪

最新記事

最新コメント

リンク

スピッツPV



presented by スピッツYoutube

-Supported by ブログパーツ屋-

カテゴリ

月別アーカイブ

MONTHLY

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。