071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよならみどりちゃん


みどりちゃん


大沢たかお目当てで買った映画雑誌に、たまたま載ってた西島さんの『さよならみどりちゃん』のときのインタビュー。西島さんが載ってる!となんだか得した気分だったけど、おヒゲの西島さんにちょっとばかり…ガックシ(笑)。だけど、不思議なことにヒゲの「大沢たかお」も「藤木直人」も「玉木宏」も好きではないんだけど、西島さんのおヒゲ姿はなんとなく許せる。。。のはやっぱり端正な顔立ちではないからなのかなぁ~(おっと、失礼!)。ちょっと汚い感じでお疲れさん顔に見えるけど、この雰囲気は良いかもね。

うーーーーん、不思議。

そんな、『さよならみどりちゃん』の監督でもある古厩智之さんにオファーを受けたときに”西島さんのフィルモグラフティ史上、一番知能指数の低い役になります”って言われたらしい。だけど、撮影するうちに”そんなことないよね?ユタカって分かってやってるのか分かってやってるのか、それさえ分からないっていうか…。本当にとらえどころのない男。原作のユタカは20代前半。でも、僕は30代なので、20代の男特有の浮遊感とはまた違った感じになってると思うんですけど”と、この雑誌で答えてる。

色んなブログの感想で、ダメな男だけどすごく魅力あるって書いてあったし、このインタビュー読んで尚更観たいなって思った。「西島さん=ダメな男」がどーもしっくりこないんですよね。すごく真面目そうなイメージが張り付いてるから。だからこそ、初めにイメージ崩しとくか?って。

そんなことを思って観始めた『みどりちゃん』。…ハッキリ行って、もんの凄い衝撃!!心臓ドキドキですよーもー。星野真理演じるゆうこの気持ちも手に取るように分かってしまう私も実はダメ女なんだと思う。いや、きっとゆうこも第三者であれば、「あいつはダメだ」って言うだろうけど、超本人であるからこそ深みに填って「このままの関係で良いや」「彼の喜ぶことをしてあげよう」って思ってしまうワケで。


みどりちゃん01 

こんな風にコッツンされて調教されたら…私だってさ^^;


そんな女の心情を分かっていて、だけど知らないふりをして、自分と付ttき合わせてるユタカはもっと酷い。ゆうこが何も言わないから、それを逆手に取って都合の良い女にしてるだけ。

でもまぁ最初にエッチした日に彼女がいるって教えてくれてるんだけどね。

「あぁ、ダメダメ俺彼女いるから。」

この声のトーンが絶妙で、女からしてみれば「はいっ???」となるけど、ユタカの空気に流されてしまうほどゆうこはユタカが好きで、ユタカはゆうこを変な意味で分かってる。

その後も、いい加減なユタカを好きになるカフェで働く女の子や、元彼女、それと噂の”みどりちゃん”。なんでこんなにモテちゃうかねぇ~と思うけど、実際こーゆう男に女は弱いものなのである(苦笑)。いい加減なんだけど、変にカッコ付けないし、いつでも自然、自由気ままなその表情に女は弱いんだなぁ…って私だけか?


みどりちゃん02

そんな無邪気な顔を見せないでよ~。


”みどりちゃん”とユタカの乗ったタクシーを追って、走るゆうこ。だけど、追いつくはずもなく、いつしか朝になり、顔も髪も服もボロボロになってアパートに帰ってくるゆうこ。そこには、みどりちゃんと一緒にいたと思われたユタカがアパートの階段で座って待ってるんだなぁ~。


みどりちゃん03

「遅せーよ。…久しぶりって感じ?」
別れたと思ったユタカが目の前に!!さては確信犯か?


なんかムカつくが、この笑顔で全ての出来事が帳消しにしてしまうユタカ…いや、恐るべし西島秀俊!!

けどね、やっぱりどーしよーもないくらいダメ男で終わっちゃったなぁ~。

ラスト(背中の美しさに見とれながら)、「俺たち終わりだなぁ~」って表現する演技にはゾクゾクしてしまった。ゆうこも怯えてましたしね、やっぱり本当の気持ちをさらけ出しちゃった後だし、きっと嫌われるって思ったんでしょうね。…怖いよね、その後のユタカの言葉が。

相手の気持ちなんてさ、自分の気持ちを吐いてしまえばすぐに分かることだったんだよね。


さよならみどりちゃん05

「んじゃぁ~な。」
あーもうっ!なんてバカ男っ!!(ユタカ酷すぎじゃー)


ゆうこは、無残に振られたことで未練を残したか定かじゃないけど、嫌いなカラオケを常連さんとダンス入りで、過去とさよならをするわけだけど、果たしてユタカはどーなったんでしょうかね?

きっと、ユタカのオーラで近寄ってくる相手はたくさんできて、大して生活も変わらないんだとは思うけど。人を愛することができないユタカが一番可哀想で仕方がない。でも、ユタカ自信それを良く分かっているとは思うんだけどね。誰かユタカを救ってやってくれないかな?とか…。

それににしても、西島さんってこんな顔もできるんですねぇ~。”ダメな人間であるけれど、どこかしら愛する所もある”そこを演じるのはとても難しいことですよね。それをやってのけちゃう西島さんって凄いですよ。

そうそう、今度カラオケに行ったときに「ルパン・ザ・サードの歌 by チャーリー・コーセイ」を見つけてみようと思う (←でも歌わないよ)。


みどりちゃん04


西島さんのカラオケ、もう1シーンあったらしいけどカットされちゃったようですね^^;にしても、”♪ルパン、ルパン、ルパン、ルパン”ってノリノリで歌う西島さんがなんて愛らしいこと!!

こんな西島さんでも(←違うだろ?)好きだって思えるのは、やっぱり私もダメ女だからかなぁ~?

スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment

o(≧∀≦)o

彼女いるから、の声のトーン本当絶妙ですよね。
私、ゆうこが他の男と寝たりしないで(ゆうこもユタカが好きといいながら結構いい加減じゃないですか?(^^;)ユタカ一筋だったら、もしかしてあんな風にユタカが出てく事なかったんじゃないかな、と思いました。(まぁ映画だし、あそこでユタカが出て行かずに結ばれたら、さよならみどりちゃんじゃなくなっちゃうのだけど)ゆうこも、もう一人の男の子(名前忘れた(>_<))とHした事話しちゃいますよねユタカに。
私、こういういい加減な男って、軽蔑してたし絶対好きにならなかったけど、この映画みて、こういう人(たぶん西島さんが演じたから)に振り回されるのもいいなぁ、なんて思いました(*^o^*)西島さんだったらどんだけいい加減でもいいし、振り回されたいo(≧∀≦)o

インタビューの内容ありがとうございます(^O^)貴重ですね!!そんな事言ってたんだ~。これ、20代前半の男の話しなんですね!にも関わらず西島さんに頼むなんて(^O^)!
インターネットで、帰郷という映画の感想で、ある男の人が 優しくてダメ男(そんなような言葉だった)をやらせたら、西島さんの右に出る者はいないと言ってたけど、私納得しちゃいました(^^ゞ
真木栗の穴という映画はご覧に

うんうん、ゆうこも年下の男の子と寝ちゃいましたよね。その前に、ゆうことその子で仲良く話してるのを見てヤキモチを焼いたりしてましたしね。お互い気を引きたいがための行動なんで、どっちも罪は同じなんですよねぇ~。

いい加減な男って私も好きじゃないけど、なぜか気になってしまうというか分かる気がしますよね。西島さんだから許される?(笑)いないですよーこんな人は。

そうそう、帰郷はレンタル屋でみかけなかったんですが、真木栗ノ穴はちょうど借りてきたところです。西島さんのお勧め映画ぜひぜひ教えてくださいね~探してみます!

あれΣ( ̄□ ̄;

コメント切れてましたね(^^;

真木栗ノ穴の西島さん、すごく大好きですって書きました(^O^)
最初はこわ~いと思ったのだけど、何回かみてるうちに、なんだかじ~んときて涙しました(;_;)
ちょうど借りてこられたのですね(*^▽^*)/

帰郷はここら辺のレンタル屋にもなく、たまたま春頃テレビでやったので見れました(>_<)

今日の『僕スタ』もかなり良かったです!ラストの落ちは見えてたような・・・やっぱりキスまでは遠いのか~でも鈍感でもなんとなく気にし始めた航平でしたね(笑)。

っと、真木栗ノ穴はホラー系の棚にあったんですよ!(怖いの苦手)。どーしようか迷ったのだけど、しっとり系で演技派の(変な表現)が観たくって。じーんですかぁ~楽しみに観てみますね。

帰郷も違うレンタル屋でチェックしてみますー。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

プロフィール

ron

Author:ron
メインはなんだか西島秀俊になってるが、大沢たかお、藤木直人ネタも(時々)書いてます。

音楽はスピッツ、吉井和哉、高橋優が大好きです。

ミーハーブログですが、どうぞ宜しく♪

最新記事

最新コメント

リンク

スピッツPV



presented by スピッツYoutube

-Supported by ブログパーツ屋-

カテゴリ

月別アーカイブ

MONTHLY

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。