071234567891011121314151617181920212223242526272829303108

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOEMON


GOEMON


公開年:2009年
監督:紀里谷和明
出演:江口洋介/大沢たかお/広末諒子/ゴリ/要潤/奥田瑛二

<STORY>

1582年 天下統一を目指した織田信長は、その夢目前にして、家臣・明智光秀の謀叛により本能寺で暗殺される。しかし、信長の右腕であった豊臣秀吉が、その数日後に光秀を討伐。その功績をもって信長の後を継ぎ、豊臣政権を制定。世は火種を残しつつも、一時の平和を謳歌していた。そこに、彗星のごとく現れる一人の盗賊・石川五右衛門。超人的な身体能力を武器に、金持ちから盗み、貧しきものに分け与える英雄に庶民は熱狂する。ある夜、盗み出した財宝の中に、南蛮製の箱を見つける五右衛門。その箱の中にはある重大な秘密が隠されていた。忘れ去ろうとしていた過去の扉を開いてしまう五右衛門。箱の秘密を追う、石田三成と霧隠才蔵、そして徳川家康と服部半蔵。真実を巡る壮絶な戦いが始まる…(by goo映画さん)。

<REVIEW>

紀里谷監督の前作『CASSHAN』ずっと前に観てるんだけど、伊勢谷友介のジャケットと監督の元奥さんヒッキー(宇多田ヒカル)と、よく分らない世界、有名どころの俳優さんがたくさんいたような…映像だけリアルに残ってる。ちょっと気になったので出てた俳優さんだけ調べたんだけどね、「小日向文世、佐田真由美、要潤、鶴田真由、寺島進、玉山鉄二、りょう…」ってこりゃ『GOEMON』と同じキャストじゃーん!!

芸人部門から言うと「宮迫博之さんから→ゴリに」、重要キャスト部門から「西島秀俊さんから→大沢たかお」にスイッチオン!ってとこっすか。

…だからか知らないけど、やっぱり監督好みってあるのかしらね。

そんなCG多様の映画は私的に好きか嫌いか問われれば、嫌いじゃない。けど、紀里谷ワールドがどーしても好きになれんかったから、今回の『GOEMON』に大沢たかおが出てるって知っても、観ようか観まいか迷っていたのです。ネットで出てくる才蔵さんの美しいお顔を拝見してても、映画観てガッカリじゃぁなんともねって。けど、たかおファンの間じゃ噂の映画だって聞いて、やっぱし観なきゃなーと(なんか最近そればっか)。

ってことで、観始めた『GOEMON』冒頭から紀里谷ワールド全開でこれでもかってくらいCG多様、歴史の背景完全無視(…遠い目)。でも、今回は色がある、しかもめっちゃ鮮やか!…なんだけど良いのか悪いのか目が痛い(爆)。お姉ちゃんたちのMTV並みのセクシーな踊りも、私は男じゃないんで、喜べないし…。やっぱり紀里谷ワールドは15分で限界だなぁ~って思ったり。

けれど、やっと話が始まったくらいに、えぐっちゃんに”鍛え抜かれた背中の姿”を見せられた瞬間にこれはいつもの感覚と違うぞ!と思えたんです。あの引き締まった肉体の意味は?相当アクションが見応えがあるっていう証拠そのもので、大沢たかおも然り。2人のアクションがやっぱりこの映画の見所でもありますし。たかおちゃん(才蔵)とえぐっちゃん(五右衛門)が初絡みをするめちゃくちゃ長い格闘シーン。バックの背景はゲーム画面かい!ってツッコミを入れる暇は全然なく、まさに息を尽かさぬスピード感。2人の動きもかなり稽古してきたんだろうなぁ~って思えるほどキレがある、そして美しいこのお顔(←関係ないよ)。


GOEMON_04


もうイケメン40男がガチンコ対決してたら、誰だって萌えちゃいますって。えぐっちゃんのアクションは『少林少女』で観せてもらってるのでかなりのツワモノと存じてましたけど、たかおちゃんのアクションは毎回ヒヤヒヤしっぱなしだったんで、今回のアクション、かなーり成長してるのでそこは誉めてあげたいです(←なぜに上から目線)。お互い違う立場に合って、その時は殺し合いをしなければならない仲だけど、いざピンチになれば手を差し合って、言葉にはしないけど、心で分かり合っている男の友情っていいもんだ。


GOEMON_03


そうそう、要潤くんが石田三成を演じてるのだけど、かな~りメイク怖くて、演技も冷たい感じが役に合ってましたよね。たかおちゃんとは『天使の牙』以来なのかな?あのときはちょい役だったけど、時を経て潤くんもいっぱしの俳優になりました。結構、要潤も好きだったりする…顔の系統とか…綺麗だもーん。

この映画のクライマックスは私的に「才蔵の世紀の大芝居”自分が石川五右衛門”絶景絶景~」っていうシーン。あれ終わっちゃったあと五右衛門が才蔵の敵を討ちに行くんだけど、たかおちゃん処刑シーンが終わっちゃって燃え尽きた(笑)。本当は主役なんじゃない?って思えるほど、えぐっちゃんの存在消しましたね。奥田瑛二演じる秀吉に、子供もろとも油が煮あがる釜のなかに放り込まれちゃって、なんともな結末だったけど、あの大演説シーンはジーンときました。あとは、奥さん殺されて、五右衛門に怒りをぶちまけながら泣くシーンとか…泣きのシーンはお得意ですもんね。


GOEMON_08


とは言いつつ、奥田瑛二(秀吉)が印象に残りすぎてて心底嫌なんだけど(爆)。幾度殺しに行っても、這い上がってくる精神力には気持ち悪さを感じましたよ。才蔵が秀吉を中刷りにしたのに、あれでも死なないってのが何度観ても納得いかないんだけどね(苦笑)。なんかメイクで不気味さを表現してないのに、素でも不気味って思える演技力?は流石かも知れんよね。

日本の歴史をちょい?料理してみた紀里谷監督。前作の屈辱を晴らしたかはどうかは分らないけど、記憶に残る映画だと思います。普通に楽しめるエンターテイメント(笑)。こんな歴史上人物や時代設定をこれだけぶち壊した作品なんて今までなかったし。ラストは徳川さんが次の世を担うべくような終わり方にしてあったのは、ホッとしましたけど。天下を治めた誰よりも長い政権を担った徳川家だもん、さすがに崩しようがなかったんだよね。

はぁ~それにしてもたかおちゃん…


GOEMON_07


こーゆう素敵な顔も観れてドッキドキの2時間でございました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment

同感です!

こんにちは~。初コメでーす。
感想、ほぼ同じですよ。ほんと、最初のあたりはひくよねー。
お姉ちゃんたちの踊りなんて、なんじゃこれは!? ぜんぜん現代じゃん!って。
そして、大沢さん!
下の2つの画像、頂いてもいいですか?(^^)
ほんとにツボが同じです! 色っぽいよね。
そうそう、才蔵の処刑シーンがいちばんのクライマックスだと私も思いましたよ!
あの後はどうでもよくなっちゃったもん(^_^;)

どもですー!

紀里谷ワールド15分?で限界?ってやつですね^^;お姉ちゃんの踊りはさすがに引きましたよ~。時代設定無視と豪華で奇抜な衣装は見物なんだけど、もう仕方ないなーって思いながら観ちゃいました。

きっと「たかおちゃん」が出てなかったら観なかったかも知れないけど、たかおちゃんの役を美しく描いてくれたのは良かったですよねぇ~。才蔵の大演説シーンは、独り劇見てるみたいで、すごい役に入り込んでましたよね。泣きのシーンは流石だなって。

画像は、お好きなだけ持って帰ってくださいな。雑誌とか昔の写真はないけど、映画のはたくさん!ありますので。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

プロフィール

ron

Author:ron
メインはなんだか西島秀俊になってるが、大沢たかお、藤木直人ネタも(時々)書いてます。

音楽はスピッツ、吉井和哉、高橋優が大好きです。

ミーハーブログですが、どうぞ宜しく♪

最新記事

最新コメント

リンク

スピッツPV



presented by スピッツYoutube

-Supported by ブログパーツ屋-

カテゴリ

月別アーカイブ

MONTHLY

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。