061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Life 天国で君に逢えたら


Life 天国で君に逢えたら


製作年:2007年
監督:荒城毅彦
出演:大沢たかお/伊東美咲/真矢みき/相川翔/川島海荷

<STORY>
1991年。プロウインドサーファー・飯島夏樹(大沢たかお)は、妻・寛子(伊東美咲)と共にワールドカップに出場するため、世界中を転戦していた。なかなか勝てず、貧乏暮らしを強いられる寛子であったが、夢を追い続ける夏樹を心から愛し、応援し、支え続けていた。ワールドカップ・オーストラリア大会。師匠である藤堂(哀川 翔)に諭され、自分らしさを取り戻した夏樹は見事優勝を飾り、その後の大会でも大活躍を続けていった。

晴れて結婚式を挙げた二人は、ハワイに居を構え、4人の子宝に恵まれる。しかし徐々にレースに勝てなくなっていった夏樹は、次第に家庭を顧みず、長女・小夏(川島海荷)に不信感を抱かれてしまう。必死に小夏に許しを請う夏樹は、雨の中、崩れ落ちるように倒れてしまった・・・。急遽、日本の病院で精密検査を受けることになった夏樹。診断結果は肝細胞ガン、「余命3カ月」であることを告げられる。

大切な家族とともに、運命に抗わず、風にまかせて自分らしく生きていこうと決心した夏樹は日本の延命治療を拒否し、海と風を感じられるハワイを最後の地に選ぶのだった・・・。

<REVIEW>

レンタル屋さんで「感動作」の中でも”イチオシ”ってPOPされてました。”号泣します”って…。

この作品のたかおちゃんは、実在した元プロサーファーでガンで他界した”飯島夏樹”さんを演じてるのだけど、先に病気になって死んじゃうって分っているから、もうこの時点で涙が溢れてきてしまう。ましてや家族6人で浜辺を笑いながら歩くジャケットは寂しさをいっそう書き立てるような…。

泣かそう泣かそうとベタな脚色とか、音楽とかなんていうか、私的に初めから悲しい物語を観るのは好きじゃない。きっと観てしまったら何日も心苦しくて仕方ないと思うから。

けど、たかおちゃん映画への制覇はこれじゃぁストップしてしまうんじゃないか?とりあえず感動作と呼べるような物は早く観てしまおう、もう号泣覚悟で観てやるさ。

んなことで、前置きはよし。レビューです。

そんな私の心をよそに、冒頭から映る碧い海と、最愛の夫またパパを失くした家族が笑顔で位牌を海に振り撒くシーンは「そんなに悲しまないで良いんだよ」って言ってくれた気がする。家族が笑顔なのは、幸せな夏樹さんの最後を家族が一緒に迎えられたから。

どんな夏樹さんだったんだろう…凄く興味が沸いてきた。

夏樹さん(大沢たかお)は、とにかく真っ黒にやけた顔で白い歯で、そして豪快に笑う人らしい。日本では敵なしとされ、世界に出てきたけれど、世界はそんなに甘いもんじゃない。試合には勝てずに、ビンボー暮らしだけど、いつも愛するウィンドサーフィンのことを考えている。”いつか世界を獲ってやる”そんな彼を信じて心の底から支えている妻の寛子さん(伊東美咲)のことも同じくらい愛しながら、念願の世界チャンピオンを勝ち取っていく…。


Life_01


家族もビックリな子供が4人も出来ちゃって、ハワイの家はほんとにデカイ。子供が好きなんだなって良く分るくらいに、いつも笑顔が輝いている。パパの周りにはいつも4人の子供がまとわりついて(笑)。↓あ、1人いない!!


Life_02


けれど、時代の流れは衰えを知り、試合もなかなか勝てなくなってしまう。そんなときにガンが発見されて日本の病院に入退院するのだけど、夏樹さんの代名詞のような笑顔はすっかり消え、目の前の死に怯え家族をも突き放してしまうほどになって行きます。ドン底の夏樹さんを支えたのは、妻の寛子さんの献身的な愛があったから。子供らも必死にパパへの愛を伝えていき、とくに1番年上の小夏がパパに内緒で”風に乗る姿をパパに見せたい”とウィンドサーフィンを頑張るシーンを見せられたとき…「生きることとは何か?」「家族の愛とは?」ここから彼は変わっていくんですよね。


Life_03


余命3ヶ月をウィンドサーフィンで輝いてた日々以上に、実のある日々を送っていく姿にやっぱり感動しちゃってる。サプライズで誕生日の日にウィンドボードをもらい、病弱ではあるけれど大好きな海に入って、波に浚われ何度もボードから落ちるけれど、それでも果敢に挑戦して波を捕らえる姿とか家族が嬉しさのあまりかけよっていくシーンが…(演出のし過ぎだろ~泣かせるつもり~?って分ってても)涙が溢れてきちゃうよね。

ラストの寛子さんに捧げた手紙のシーン。ついにこの日がやってきたわけだけど、たかおちゃんの声であんな手紙読まれたら本当に泣けて仕方なかったよ。死に目に会えなかったけれど、素敵な手紙を残して…。

夏樹さんもその家族も本当に一瞬一瞬を大切に、何よりも大事なのは笑顔でいること。悔いの無い生き方ってどんなことだろう…?一生懸命何かをやったという充実感、そうすれば必然と笑顔は生まれてくるのかも知れないな。愛する人がいるというのはとても幸せなこと。愛する人が悲しまないように、笑顔でいること…。

だからみんな笑顔で見送ることが出来るってわけだ。

碧い海とハワイの景色と”たかおちゃんの笑顔”がなんとも心に残る素敵な映画でした(笑)。

p.s にしても…たかおちゃんの短かパーマの髪型(前半)…夏樹さん風なんだと思うけど、たかおちゃんに何度見ても見えない(…苦笑)。でもウィンドサーフィン姿は惚れ惚れちしちゃうほど格好良いんだなこれが。


Life_04


で、やっぱりこれ↑で〆かいな?(笑)。


スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

プロフィール

ron

Author:ron
メインはなんだか西島秀俊になってるが、大沢たかお、藤木直人ネタも(時々)書いてます。

音楽はスピッツ、吉井和哉、高橋優が大好きです。

ミーハーブログですが、どうぞ宜しく♪

最新記事

最新コメント

リンク

スピッツPV



presented by スピッツYoutube

-Supported by ブログパーツ屋-

カテゴリ

月別アーカイブ

MONTHLY

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。