091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨鱒の川


雨鱒の川


製作年:2004年
監督:磯村一路
出演:玉木宏/綾瀬はるか/須賀健太/志田未来

<STORY>

母と2人で暮らす心平は、絵を描くことが大好きな8歳の少年。幼なじみの小百合は聴覚が不自由だが、心平とは意思が通じ合う。ある日、心平の描いた雨鱒の絵がパリの絵画展で特賞に選ばれた。祝賀会の夜、母は雪道で倒れ喜びに浸りながら息を引き取る。14年後、小百合の父、高倉の酒造で働いていた心平は、高倉の計らいで絵を描くために東京へ出ることに。雨鱒の川も小百合もいない東京で、何も描けずにいた心平に故郷から小百合の結婚を知らせる手紙が届く。

<REVIEW>

ドラマ「鹿男あおによし」で共演していた、玉木宏と綾瀬はるか。2人が過去作で共演していたことを知らずにレンタル屋でこれを手にとってみたら・・・おおっ!!ずっと昔に共演してたんですね(あと1本共演作がありました)。だからドラマは良い感じだったんだなぁ~。

あんなにドラマではマシンガントークだったはるかちゃんは、耳が聞こえず話すことが出来ない役で、話さなければほんとに物静かなお嬢さんでした。玉木宏もおとなしめな演技。でも子供時代の彼(須賀健太くん)は無邪気で話し好きな男の子だったのに、お母さんが亡くなったことであんなにも性格が変わってしまうっていうのは・・・心に大きな衝撃があれば変わってしまうのかも知れないけど、でもちょいと暗すやしませんかね?(苦笑)。幼馴染のはるかちゃん(小百合)の前だけでも昔のような雰囲気で接して欲しかったんですが。でも、小百合に対する気持ちはほんとに純粋で、お互いを理解しあって必要としている姿が十分に伝わってきました。小百合のおばあちゃんの助けがあって、結婚式前夜に2人で逃亡するシーンで、阿部寛扮するお父さんを必死に言葉にならない言葉で説得するはるか(小百合)ちゃんが印象的でした。

この映画、前半部分は2人の子供時代を描いていて、さっき書いた須賀健太くんと志田未来ちゃんが好演していました。映画初出演とは思えないほど、さすが”名子役!”ですね。あと阿部寛もこんなとこに出てたのか~と、他にも名俳優さんいましたし、何気にお得な1本でした。

そうそう、DVDの特典映像ってたいていが劇場予告とかCM予告とかだけで終わってしまうのに、これはレンタル版にも関わらず俳優陣のインタヴューがついてます。玉木宏が演じた画家にちなんで、インタビュー上でタイトル「雨鱒~」の「鱒」や綾瀬はるかちゃんを描いたりとかしてたんだけど、すごく笑えたなぁ~。


スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

プロフィール

ron

Author:ron
メインはなんだか西島秀俊になってるが、大沢たかお、藤木直人ネタも(時々)書いてます。

音楽はスピッツ、吉井和哉、高橋優が大好きです。

ミーハーブログですが、どうぞ宜しく♪

最新記事

最新コメント

リンク

スピッツPV



presented by スピッツYoutube

-Supported by ブログパーツ屋-

カテゴリ

月別アーカイブ

MONTHLY

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。