0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギブソンES335

忘れてたワケじゃないけれど、写真撮らせてもらうのを忘れてしまったのでネタとしてUPできなかったのですが、まぁ写真はネットでもこれーっていうのをイメージさせることもでしるしなーって。

ってことで工場長ご自慢の「ギブソンES335」。
(画像は池部楽器さんから拝借で申し訳ない)


ES335


えと吉井ちゃんの今持ってる335のトップはサンバースト色なんだけど、工場長のはワインレッド色の物でした。…あぁ、、、あぁ、、、そ、そうなんだよ335っつっても同じ色を持ってるってことはないんだよねって自分思いっきり吉井色をイメージしてたので、見た瞬間ちょっと顔が引きつっていたかも?知れません(ははん)。

でもよーく思い出したら、ほーらいつぞやの吉井さんもこんなようなセミアコっぽいレッド持ってたことあったじゃない?ほら私の大好きな…  「追憶のマーメイドー」!!!! 

ほら私ちゃんと思い出したよ、偉い偉い!(←遅すぎ!)

ってことで、「追憶のマーメイド」のコードを忘れてしまっていたけれど、こんな感じだった?って記憶の奥から弾いてみたり。歌ってないから工場長は何の曲か分からなかったはずですが。

この335工場長も申しておりましたが、かなりハイフレットに近づくとネックが太く感じられるそうなんですが、はいはい分かります。ハイフレットはほんとにコード押さえられるか心配なほど太い感じ。でも初めからアコギをしている私にはちょい太い?って感じで、まぁそんなもんか程度なんですけどね。まぁレスポールから比べると太いっちゅうのはよく分かりますねぇ~。基本エレキっていうのはネックが細いもんなんでしょうか?よく分かりません…。

でも、好みからいって「レスポール」と「ES335」を比べると私は「335」の方が欲しいなーって思いました。なんていうか「レスポール」は男の子向き?って感じで持っててちょい恥ずかしいような。で「335」はお洒落な感じが溜まらんような、女子が持つとお洒落度が増すような…?。ピックガードがちょい上向きの角度とかイチイチお洒落ですし…。このバイオリンみたいなデザインも素敵でございます。

あとね、弾き易かったっていうのが1番かな。

ってことで、最後に私があのときに弾き語りたかった歌を載っけておきますわ。
この曲聴くだけでタイムスリップですねぇ~。





でも…この吉井さんのギターどこの?(ってまたどこのギター病が発生してるー私ー



スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment

あ~銘柄が分からん(≧≦)

上のPVで吉井さんが使ってるギターわかりません。

ES-335はチェリー・フィニッシュが一番一般的じゃないでしょうか。

ES-335は、ちょっと前まではラリー・カールトン氏が一番有名なギタリストだったと思いますが、ジャズ・フュージョン、ブルース、ファンクでよく使われていました。
エリック・クラプトンが近年またよく使うようになったのも、ブルース回帰でしょうね。

「ハイ・フレットが弾き難いい・・・」
という指摘はレスポールによく言われますが、レスポールもES-335も「50年以上前にジャズマンのために開発された」ギターなんで、そんなこと考慮してないんですよ(笑)。
「ギブソンは、ちょっと玄人(くろうと)向け」
なんだと思います。アコギは管理が大変かも。

ハイ・ポジションで速弾きやりたかったら、Ibanez社などのギターが適していると思います。Ibanezのはネックも細いですね。ヤイリのネックも細いです(マーチンと比較するとよく分かります)。

セミアコに多い「fホール(えふほーる、または、f字孔)」は、ご想像のとおり、昔のギターのなごりです。アーチトップ型のギターに多く見られます。
ギブソンのギターは、そういう昔のなごりが残ってますね。
ギブソン社はフラット・マンドリンも作っています(ギターよりマンドリンのほうが古くから作られています)。
フラット・マンドリンは以下:

http://www.digimart.net/inst_detail.do?instrument_id=DS00968936

http://www.digimart.net/inst_detail.do?instrument_id=DS00829302

聖者さん

いえいえ、吉井さんのギター気を使って頂きすみませんe-330いつか吉井さんにでも聴いてみます(モバイルで…)。

そうそう、チェリーフィニッシュっていうんですね、あの色は。やはりセミアコってジャズとかブルースとかが合ってますよねぇ~。ジャズギターは私も聴いててすごく好きなんですよ~。

ギブソンもマーチンも日本人のことを考慮していない、ってほんとどのギター触っても感じますね(まだ数本だけど)。女子じゃ辛い、、、。そうそう「けいおん!」のレスポールの子を最近観るたびに、大丈夫なの?って1人ツッコミ私もするようになりましたよ~(笑)。

で、ギブソン社のマンドリンこれもギブソンなんですかー!なんて素敵なデザインなんでせう(やっぱりfホールあってのなんでしょうね)。初めてギブソンのマンドリン拝見しましたよーなんか感激ですね~♪

フィニッシュとは仕上げの意

あんまチェリー・フィニッシュとは言わないかなぁ?
(^^A

ギター用語のフィニッシュって「仕上げ」って意味もあるんですよね。だから「塗装」の意味にもなる、と。

ES-335は赤が多く、「Faded Cherry」「Antique Red」などいろいろあります。めんどいので(苦笑)、ただ単に「赤」とか「チェリー」って言っちゃってるんですけどね。
赤以外ではサンバーストが多いですね。真っ黒なのもあります。

ES-335は、実見すると「ひらべったくてデカい」と感じられたんじゃないでしょうか?
ギブソンでもES-339というセミアコのボディは小さめに作られています。

メジャーな国産メーカーだと、Aria、Ibanez、トーカイ、フジゲンとかがセミアコ出してます。島村楽器のHistoryも。

「箱もの」は80年代前半ぐらいまでは日本でもけっこう使われていたような気がするんですけどねえ・・・(音を聴いてみた感じでは)、一時期ソリッドに圧倒されて見なくなっちゃいましたよね。
近年また多く使われるようになってきたみたいですね。斎藤和義氏あたりの影響かな? Oasisが使ってたから? アジアン・カンフー・ジェネレーションも使ってましたっけ?

某楽器屋さんによると、アコギをメインでやってた方にはセミアコ・フルアコからエレキに入られる方も多いそうです。

聖者さん

聖者さんのおかげでギターのことが詳しくなってきている自分ですが、好きなものはたとえ持っていなくても知識が増えてくことは良いことですよねぇ~有り難き幸せです。

>島村楽器のHistoryも。

これ私のご用達楽器屋さん(もちろん島村さん)でありますね。セミアコだぁ~と以前から気にはなってたので…ふむふむ。最近、セミアコ使うアーティストさん増えたような気がしますよねぇ~ほんと。

アコギ→セミアコ→エレキ。その流れも分かるような気がします^^

セミアコもまたエレキです♪

島村さんのHistoryはフジゲン製なんで、評判はいいですよ。

考えてみりゃ、今はエレアコが普通に出回っているのですから、エレキとアコギの境界線てアイマイですよね。

アメリカだと、セミアコ・フルアコって、若い人でもわりに使うみたいですけどね。文化の違いでしょうか?
まあ昔の日本ではエレキギターなんて、そうそう普通の人が買えるもんじゃなかったはずだから・・・

どの道も奥は深い。今、ギターのありとあらゆる知識を持ってる人なんて、この世に存在しないんじゃないでしょうか?(苦笑)

聖者さん

>今、ギターのありとあらゆる知識を持ってる人なんて、この世に存在しないんじゃないでしょうか?(苦笑)

いやいや聖者さんの知識は本当に素晴らしいですよ~。あらゆるは難しいでしょうけど、わたしにとっては…ほんとに。

で、エレアコとアコギの境界線私もいつも思うんですよね、エレアコだったらセミアコでもいーじゃん!?って思うけれど、またそれも考えが違うのかな。…違うな。やっぱりそれぞれの良さがあるんですし…ね。

島村さんのHistoryは、評判良いみたいですねぇ~。

ボーダーレスな楽器ですよね(^^A

セミアコもエレアコも「確立された」サウンドがあって、買う人はその音を欲しさに買いますから、一応は別モノではあるんですけどね。

ただ、まー、ギターの説明すんのって大変なんすよ!
(^^;
普通の人はエレキとアコギの区別ぐらいしか知りませんし、全く音楽やってない人だと「アコースティック」「アコギ」って用語を知りませんから!

セミアコのピックアップはソリッド=レスポールなどと同じものです。これをマグネチック・ピックアップといいます。

エレアコは「ピエゾ」と呼ばれる、ブリッジの下に弦振動を拾うピックアップが仕込まれていることが多いのですが、
・・・普通のエレキにピエゾ・ピックアップを搭載させたりするIbanezみたいなメーカーもありますから!(苦笑)

テイラーが普通のエレキを世に出したりしてますから、エレアコと箱モノの境界線なんて日に日にあいまいになってきてますね。

・・・まあ結局、そんだけギターって「メチャクチャ幅の広い」楽器ってことなんでしょうね。
それだけ多くの人に愛用され、需要に応じて多岐多彩な発展を遂げてきた楽器ってことでしょうね。

個人的には、アコースティック楽器で最も広範囲に用いることのできる楽器はギターだと思ってます。

逆に見れば「どれでも好きなギターを弾けば良い」ってことでしょうけどね。

ちょっとカワイソなブランド

Historyって、Ibanez(国産の)などを作ってるフジゲンて会社が作ってるものなんで、わりに評判はイイです。

ただ・・・
「楽器屋のブランドなんて使いにくい!」
ってボヤキもあるのですよ。
つまり、まー、石橋楽器のMavis、クロサワ楽器のStaffordみたいなもんですから、ちょっちライブでは使うのが憚(はばか)られ・・・って事情が(というかミュージシャンにそういう考えが)あるんです。

島村楽器以外の楽器屋さんがご覧になられたら、どうですか?
…ということ(ー_ー)zzz

そういう事情から、ちょっと損してるブランドでもあります。

映画『Beck』のギター・ベースは、みんなアメリカのブランドのものですね。(「コピー」だと使いにくい?と邪推w)

ご想像のとおり、ギターは、

クラシック・ギター
→スチール弦アコースティック・ギター(フォーク・ギター)
→フルアコースティック・ギター
→ソリッド/セミアコースティック・ギター

って順に進化してきましたから(実際にはもっとフクザツです!苦笑)、「箱モノ」はアコギのなごりのような点がありますね。

アコースティックから入った方にはエレキはわりにスンナリ移行できると想われますが、最初がソリッドだった人にはアコギは案外弾きにくいかも知れません。

スチール弦から入った方にはナイロン弦は弾きにくい(またネックも太い!)かも知れませんね。

これだけ種類の多い楽器を攻略するのは大変ですが・・・、まあ、逆に「やりがいがある」とも言えますね。
エレキは再々申してきましたように「ちょっとめんどくさい」点はありますので、強要はいたしませんが、やってみたら面白いとは言えます。
「まだ若いんだし!」d(^^

聖者さん

エレキには箱モノとソリッドとか色んなのがあるって、そーいえば形は確かに違いますね。ピックアップも違うんすねぇ~(はぁ~)。きっとアコギに興味がなかったら、その違いも分からなかったと思うので1つの興味でこんなにも世界が広がってくるって不思議ですよねぇ~。

で、こんなにも詳し教え頂いたけれどもエレキを買うかどうかは…いずれ?ってことで。基礎知識はあっても良いことですもんね(っておいおい)。

はじめまして!記事を拝見させてもらいました!

質問なんですが、
レスポールとES-335では音の違いはありますか?

突然すみません!

YURIさん、こんばんは。

うーーーん、音の違いですか。。。
本当に申し訳ないんですけど、ちょっとしか弾かせてもらわなかったのと、エレキ熱が冷めちゃったので、イマイチ違いが思い出せないんですが…

だけど、私的にES-335の方がジャズ向きって感じで音が軽いような気がして、箱モノなので音の広がりが気持ち良かったなぁ~って思いましたよ。レスポールって極太の音っていう感じですかね。

変な回答ですみませんです^^

返答ありがとうございます!

ジャズっぽい感じですね!なんとなくわかりました!^^

ありがとうございます!!

>YURIさん

いえいえ、大した返答できなくてごめんなさい(汗)。
YURIさんはエレキ派なのですかねぇ~。もうちょいアコギが上手くなったら、必ずエレキも!って思ってるんですが、エレキの世界も濃いですし・・・悩みますね。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

プロフィール

ron

Author:ron
メインはなんだか西島秀俊になってるが、大沢たかお、藤木直人ネタも(時々)書いてます。

音楽はスピッツ、吉井和哉、高橋優が大好きです。

ミーハーブログですが、どうぞ宜しく♪

最新記事

最新コメント

リンク

スピッツPV



presented by スピッツYoutube

-Supported by ブログパーツ屋-

カテゴリ

月別アーカイブ

MONTHLY

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。