091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代人になれません(号泣)。

現代人ならパソコンくらい軽~く扱えますでしょうけど…
(そうでもない人も多数いるよね?????????)

私は大のPC音痴。
っていうの~?

PC買って早10年は経つけどさ、一向にソフト入れたりなんなり覚えられない。一応ソフト入れてもらって、どうこうするって教えてもらえればそれなりにソフトは扱えるんだけど、その前のダウンロードの段階で諦めちゃうのだ。

ってことで、ソフトなんなり、ダウンロードなんなりはうちのダンナ様(パソコン関係のお仕事してる)にお任せっ

だけど、これは私の手書きのギターTAB譜だい!イエイっ!↓


手書きTAB譜


ネットでTAB譜検索したやつってダウンロードはさせてくれないんですよ。特に中国権でのサイトは全部載せてはくれてるんだけど、画像は取り込めないんです(当たり前ですが)。なもんで、これをキレイに書くソフトを入れようかと思ったけど、ダンナにまた色々頼むと怒られそうなので(私のギターを弾くことにあまり良く思われてないせいで)それならば!と…メンドクサイ方法に出たと言う訳です。

いやーねぇー、実はこれ1曲だけでなくもう1曲書いたんですよ。我ながら良くやったと思いますよね。…でもしばらくもうやりません(ホント疲れたし)。

ということで、最近はストロークでなくアルペジオ&ソロギターありの曲を練習中。
前ネタで載せたワン・リーホンの「此刻、イ尓心裡想起誰」を。
気合と愛があれば、この曲を弾きこなせるはず…なのです。

っなんだけど、今スピッツの新曲「つぐみ」を聴いたらマサムネストロークに心が揺るぎそうになってしまったわ(苦笑)。スピッツ全然弾いてない&吉井ちゃんもしばらく弾いてないなぁ~。

うん、でもストロークもしたいとこだけど、今はアルペジオの練習あるのみ。手が自由に動けるようになるまで頑張らなきゃね!たまに疲れたときはジャラーンって弾いちゃうけどね(言ってることと逆に動画録っちゃうかもですが)。ストロークなら今はすぐにでもUPできそうな感じだし(日本語だし)。

このブログではいらない動画かも知れないけどリーホンの「此刻你心裡想起誰」が弾けるようになったらいつかUPさせてくださいね(それまで北京語も頑張らねば)。今ちょっとだけ良い感じに弾けてきてます、うん、ギターっつたらアルペジオ。…はぁ~上手くなるまで道は長い~

スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment

古典の曲もダメなんですかね?

中国には山のように古典楽曲がありますが、今それをソロギター(ギター独奏曲)に直そうと考え、いろいろ聴いていたりします。

たしか著作権は権利保有者の死後50年で死滅するので(太宰治の小説は今いくら刷っても無料w)、さすがに19世紀以前の曲ならナンボ使ってもタダでしょ~。

いや、まあ、譜面をくださらなくて結構ですよ。メロディさえ聴きとれば、あとは自分で自由にアレンジできますから。

アルペジオはギターの「最低限の必須テクニック」なんですが、かなりの上級者でも苦手な人も多い、実は最も「かったるい」テクニックでもあります。
人は単調な動きが苦手ですから。

でも、人差指・中指・薬指を使うアルペジオは、フラット・ピックでこなすピック・アルペジオよりはラクです。だって各指に余裕があるわけですから。
ピックで高速アルペジオこなしちゃうオッサンの凄まじさを考えてください!(苦笑)

実は自分も、全くPC使わず鉛筆書きの譜面作成にこだわってる人間で、理由は、
「そうしないとリズムの書き方が分からないままだから」
ワタシも専門の音楽教育を受けた人間では全然ないので、音の高さは分かっても、リズムを譜面に写すのが苦手。
変則リズムが、日本・中国・黒人の音楽には大変に多いので、単調なリズムの多い欧米の白人さんの音楽なんて単細胞にさえ思えますよ(苦笑)。
ただまあ、譜面を書けないと、人さまに自作曲・練習曲を手渡しすることが不可能になってしまうので。
自分に言い聞かせてます。
「これも修行だ!」

さきほど投稿しましたウクレレの話もお読みください。なぜワタシが「ウクレレはギターより難しい!」と書いたかがお分かりいただけるかも?

聖者さん

>譜面をくださらなくて結構ですよ。メロディさえ聴きとれば、あとは自分で自由にアレンジできますから。

ふふっ。聖者さんくらいの上達者さんが羨ましい~。

アルペジオはいつぞやの「22才の別れ」で3フィンガーを一時期頑張って練習したおかげか、少し形として出来るようになった?感じがするんですよねぇ~。基本の3フィンガー恐ろしや!…です。でもまだまだ甘い弦の弾きとか色々改善しないとです。ピックより指弾きの方が断然楽ですよねぇ。

で、譜面は聖者さんも手書きということで。そうか~「リズムの書き方」を覚えるには良いのかも知れませんねぇ~。

>変則リズムが、日本・中国・黒人の音楽には大変に多いので、単調なリズムの多い欧米の白人さんの音楽なんて単細胞にさえ思えますよ(苦笑)。

確かに欧米の白人さんの音楽って…単調…分かる気がします。なんか同じリズムで1曲終わっちゃうとか…たくさんありますね。

ヘビーメタルに飽きたわけ(笑)

五線譜は、音の高さを表すには良いと思うんですが、いかんせんリズムは…
特に黒人さんのや、日本のちょっと変則的なリズムの譜面を見ると目玉が飛び出しそうになります!!(シンコペーションの続出、やたらタイ・スラーで結ばれる音符など)

そういうリズムを軽~くこなしちゃうわけですよね、黒人さんは。実は一番「盗み」にくいのはリズムだと思います。

エレキ人間の類型に漏れず、ワタシもヘビーメタルやパンクをよく聴いてた時分がありましたが、ある時ふと
「何を聴いても全部同じに聴こえる!」
と思ってしまい、以来いろんなジャンルの音楽を聴くようになりました。
全部8ビートでは、さすがに単調でイヤになりますよ(苦笑)。

冒頭で言いましたように、日本人はリズム感が悪いと自分たちでは思ってはいますが、案外ヘンテコリンなリズムは得意だったりして、実は『22才の別れ』のギターを弾きアレンジもした石川鷹彦さんは変則アルペジオの達人でもあったりします。
(日本人で一番オリジナリティがあったギタリストは石川さんだと思います。これは冗談ではなく)

クラシック畑を一直線で、西欧風の弾き方しか仕込まれていないギタリストだと、フツーの日本人だったらリズムを飲み込むのは難しくないと思える『22才の別れ』イントロのアルペジオも、意外と出来ないかも。
音楽は一概に西欧風が良いとは言えない一例ですね。
だから『22才の別れ』のアルペジオ、案外むずかしいんですよ?(苦笑)

聖者さん

あぁ~やっぱり「22才の別れ」をちゃんとマスターしなきゃわ~って。あのリズムは本当に変則的というか、でも日本人にとっては馴染み深いというかしっくりくるリズムなんですよねぇ~。

ヘビメタは私あまり聴かないんです(良い所もあるそうだけど)あの爆音がいかんせんなーなもんで。パンクの方が…UKパンク80年代のなら好きですが。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

プロフィール

ron

Author:ron
メインはなんだか西島秀俊になってるが、大沢たかお、藤木直人ネタも(時々)書いてます。

音楽はスピッツ、吉井和哉、高橋優が大好きです。

ミーハーブログですが、どうぞ宜しく♪

最新記事

最新コメント

リンク

スピッツPV



presented by スピッツYoutube

-Supported by ブログパーツ屋-

カテゴリ

月別アーカイブ

MONTHLY

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。