071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギターの先生なら?

本気でギター教室に通おうと考えてるronです。

ストロークもまだまだなのに、ここにきてソロギターまで手を出しちまいました。
やっぱりギターは難しい(けど、なんかソロギターできると楽しいかも)。

まぁ…やり始めて難ですが、
ソロギターは左手と右手が難解に動くし…譜面も読みつつ…で
これは暗記しないとできない!ってことがよく分かってしまった。

…もそうだけど、問題は…

TAB譜が読めん!!という重大なことに気が付いてしまったのだぁ~。

なんで誰か教えて。

教えてくれる人が周りにいないから、じゃ、やっぱり行くしかないねー。
と考えてるのだけど、それよりも行った先の先生がすごーく気になります。
自分に合わない先生だったら、やる気も失せちゃうだろし。

ん?やる気も失せる??

とはなんぞ?

習うならやっぱりイケメンが良いに決まってるじゃないか!…っていう問題すかね。

そー思って色々考えてみたんですが、

もしもギターを教えてもらえるなら…

やっぱ吉井ちゃん?

…いえいえ

じゃ、マサムネさん?

…あーいいねぇ~♪…でもマサムネさんに習うのはおこがましいことですよ。
習いたいけど、そんなこと!!

じゃ、誰なのさ~。


昨日、とある所からバースデーカードが送られてきましてね、それみた瞬間「あ~そっか!」と思いました。
とある所から届く度に思い出すんですが、私、この方の大ファンでしてね…(忘れるファンっていないぜ?)


nao_07


なんだこの清清しいイケメンは!
まるで自分のために微笑んでくれてるような眼差しにクラクラしてしまう(笑)。
直人に教わったら、絶~っ対頑張れるんじゃないか?


na0_08


ギターをこよなく愛す直人であれば…教え方も上手そうっ♪

…妄想してます?

…えぇ、もちろん(爆)。

吉井ちゃんでもなく、マサムネさんでもなく、藤木直人に教わりたい。

なのにどーして存在を忘れてしまうんだろかねぇ。。。

スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment

TAB譜は簡単です。
五線譜の下に6本線が並行して引かれていて、上から第1→6弦を表します。各線に押さえるフレットの数字が書かれます。
ギター(というか楽器)は、音域が五線譜より広いため、TAB譜のほうがスッキリ書ける利点があります。
(クラシックギターの譜面については後述)

ちなみにワタシは、エレキギターを買って3日目に図書館で譜面をコピり、TAB譜を即日マスターしました。ですから簡単です。

人に教わるのはいいことです。そのほうが上達が早いです。

先生との相性は…、かなり大きいです(笑)。
個人経営の小さいギター教室では先生との相性が絶対的です。大手では先生が交代することも多く、これまた相性が重要です。
イケメンの先生も良いかも知れませんが、女性は女の先生に教わるのも良いかも知れませんよ。

クラシックギターの譜面は、通常の五線譜のみでTAB譜は使わないことが多いです。ですので、譜面上に「③」「i,m,a」「C.7」などの記号が書き込まれます。
(○数字は押さえる左手指。i,m,aは弦を弾く時の右手指。大文字Cはセーハ=バレーコードで、C.7は第7フレットをセーハの意)

ソロギターをやってる人の多くはフィンガー・ピッキングをしているようですので、クラシックギターの素養のある人には馴染みやすいでしょう。
まず、指が動かないことにはフィンガー・ピッキングは出来ませんので、最初は簡単なアルペジオの練習をすると良いでしょう。クラシック奏法の多くは、2フィンガーと呼ばれるものです。何事も基本が大事です。

>ギターの聖者さん

アルペジオもままならないのにソロギター…あ、でも今挑戦してる曲はアルペジオとソロが組み合わさってるので、しかも本当に好きな曲なのでどうか形にしたいんですよね。

TAB譜も今まで見てたような見てないような、できるだけ見ないようにしてたのだけど、やっぱりギターの最終地点ってアルペジオ(だけじゃないけど)ができて?ですし…。それとストロークもずーっとやってるとつまらないので、最近は頑張ってますよ!

あーでも理屈は分かってるのに、手が動かない(苦笑)。相当頑張らないといけないようです。

ギターのセンスがある方は(聖者さんはじめ)短期間で分かっちゃうんだな~…羨ましい。

ということで、自分のギターを極めるため人に教わることにしようかと(時間の都合で分かりませんが)。

あとクラギの譜面はアコギと違うんですね!初めて知りましたぁ~。

すいません、修正です。
「③」は、「3弦を使ってこの音を出せ」という指示です。ギターなど弦楽器は同じ音が複数個所で出せますので、そういう指示です。失礼しました。

近年はTAB譜併載のクラシック教則本も多くなりましたね。

何事も慣れ…!ですね(^_^A
クラシックギターとフォークギターの区別を知らずギターを始めた…、と以前申しましたが、そんな始め方しましたので、ワタシも昔はフラットピックでギター弾けませんでした(苦笑)。
それでも、クラシック奏法、+親指での単音弾きでヘビーメタルを平気で弾いてました。フラットピックよりサムピックのほうを先にマスターしたのです(そういう人は珍しいでしょうねw)。

経験豊富になると、「まぁ大体こんなだろ」と弾き方が解るようになりますので(譜面は当然、聴くだけでも)、ある程度以上の水準に達すれば、一々先生に指導してもらう必要は無くなります(敢えて言うなら「悪いとこを指摘していただく」のです)。

ワタシがアルペジオをいう場合、親・人差・中指(時には+薬指)を使うものを指してますが、当然ながらフラットピックでアルペジオをやるほうが難易度は高いです(ロックやカントリー・ウェスタンでは、フラットピック・アルペジオは多用されます)。

ギターの弾き方は、指1本orピックで単音、または親・人差・中指(+薬指)しか無いので、前述カントリーギターのようにフラットピックで何でもやっちゃう人以外は、どうしても右手指が必要となります。
クラシック奏法は、親指で低音を弾き、人差・中指を交互に動かして1~3弦を弾く(ベースの人がよくやるアレです)のが基本です。

「ソロギター」というのは、要するにクラシック奏法にジャズ・ロック・ブルース・カントリー奏法などを足してるものなので、意外と難しい曲も多いです。
とにかく、基本的なテクニックがあってこそ、のものですので、最初は平易な曲をいっぱい練習することですね。

ギター教室かぁ。
私ももうちょっと余裕が出来たら、週に1回でも通いたいな。。。
やっぱり、コード譜見ながら、自己流にじゃんじゃかやるのも気ままで楽しいけど、
うん。ソロギターをやるなら絶対プロに習った方が上達も早いよね。
でもさ、すんごい人見知りなの(笑)
緊張しいだし。。。先生との相性、大きいよね。私もそれが気になる。

フジッキーかぁ!(奥様妄想モード突入中)
なんか、教えてもらうだけで、ギター上手くならなくても全然いいかも(笑)
私は。。。やはり徳岡さんがいいなぁ(´ε`*)
ちょっと、玉木宏似なんだよね(写り方によってね)
今はDVDを繰り返しがん見しながら練習してるので、ある意味徳さんが師匠です。
でもね~、譜面見ても???な部分が結構あって。。。
そのうち習いに行きたいなぁ。

>ギターの聖者さん

修正しにきてくれたのですねぇ~。クラギの奏法が分からないので、読みながらも微塵にも?って思わなかったんですけど…(苦笑)。ですが、面白いですねぇ~同じギターなのあにクラギとアコギって違う書きかたであらわすって。

それから聖者さんは、やっぱり凄い方ですよね。フラットピックよりサムピックの方が先~!あ、でもクラギやってるとその方がやり易かったりするんでしょうね。

ソロギター…色んな奏法が混ざってるから、難易度としてはほんとに高度ですよね。自分が目指すところはまだまだボヤけてて、でも手を出してしまってるけど、やっぱり基本がキチンとしてのソロですよね。やってみてマジで難しいって分かったので(笑)、とりあえず今はTAB譜になれることと、アルペジオ!これをやらんとですねぇ~。

>kotoriさん

kotoriさんがギター教室に通ってしまったらもっと遠くなってしまう~。けど、もっともと上手くなりたですよね、始めたからには!!すんごい緊張し~なのは私も同じですよ~、相性もあるし…大丈夫かな?

でもきっと、上達スピードはめっちゃ遅いですよ。

で、kotoriさんは徳さんなんですね(やっぱり)。ちょっと玉木宏似(…私のツボキーワード)。いいなー徳さんも!

あでも、kotoriさんすごく練習してるって分かるよー。きっと徳さんも偉い!って誉めてくれると思いますよ。

いえ、実に単純な理由です…!
「サムピックだと落とさないで済んだから」(フラットピックは握り方がなってなかったせいで、しょっちゅう落っことしていたw)

あと、フラットピックはフォークギターを買ってから巧くなりましたね。元々フォークギターは持ってませんでしたから。「~向き」なギターを持つことによって上達する面もありますね。

今はもう五線譜/TAB譜一辺倒で、少なくとも自作曲では必ず併記しています。自作でも運指は忘れてしまいますから(笑)。もうクラギ風の書き方はしませんね。符号だらけで非常に見にくくなってしまいますから。TAB譜のほうが無理なくスッキリと書けます。

ある程度の実力さえついているなら、週1月1で先生に教わる必要はありません。本当に「見てもらって弱点を指摘してもらう」だけになります(出来る人ほど勝手に練習して巧くなるものです)。

ただ、最初は弾き方が全く分からないものなので、やはり人につくほうが上達は早いでしょう。教室に通えないのであれば、今はDVD付き教材も豊富にありますので、それを有効活用するのも好手。
ソロギターと言っても、それ専用の特別な弾き方があるわけではありませんので、いろいろな奏法を体得し、それを時に応じて使えるようになることです。「万事基本」ですね。

>ギターの聖者さん

とりあえず今は、基本をマスターすることが何よりも大事ってことですよね。ギター教室に行けば、自分の癖も教えてくれて直していけるかもしれないので。今は、自分で頑張るのもいいとは思うんですけど、人に頼るのもいいのかな…と。あとは克服して。。。センスのない私には、相当の努力が必要なんですよねっ。

センス、センス、と、皆さん言いますが、実際には相当なレベルにならないとセンスの差は出ないと思います。
なぜかというと、結局ある程度以上弾ける人はみんな基本的なテクニックはマスターしているからです。

たとえば、他の楽器をたしなまれる方は上達が早いです。全くのゼロからやる人だと、まずチューニングやギターの扱い方から教えねばなりません。

先生につく以外にも、誰か弾ける人のライブや練習風景を見るといいです。
先生にもつかず、サークル等にも入らず、本当に一人で黙々と独学してる時は、「自分は伸び悩んでいないか?」と思ってしまいがちです。「刺激」が重要なんでしょうね。

ワタシは「ギターは秀才型の楽器」だと思ってます。1年ぐらい地道に続けていれば、誰でも最低限は弾けるようになる(とワタシは思っている)からです。
たとえば、ギター歴1年ぐらいの中学生と、十数年の歴を持つワタシが簡単なコード伴奏を弾いても、実際にそんなに差は無い(と感じられる)ものです。

本当に出来る人と出来ない人の差が大きく表れるのは、むしろハーモニカやベースだと思います。使い方がシンプルな楽器のほうが、センスの差が如実に出てしまう、と。
ブルースのハーモニカ奏者と、長渕さんでもジョン・レノンさんでもいいので比較してみてください。「本当に表現している」人と、「ただ単にパープー鳴らしているだけの人」との差は、初学者でも十分わかります。ハーモニカのように小学生でも弾けてしまう楽器のほうが、むしろ差は出やすいと思います。ワタシは「天才型の楽器」だと言っています。

ギターでも・・・、本当に弾ける人は神さまですよ。ワタシのような凡百の輩とは次元が違いますよね。

>ギターの聖者さん

1年以上ギターを弾いてますけど、そうなんですよねぇ~1人でやってると「伸び悩んでないか」(っちゅうか伸びてるって実感できないので)とは思いますよね…。動画を録るのも自分の思うような”やった!”っていうような充実感の演奏ができなくて。で、センスがないから簡単な曲でも失敗するのかな~と。

でもまだまだ相当なレベルに達してないだけなんですよね(読んでみてなんとなく納得)。

だけどもうちょい曲の世界を表現できるようになりたいです。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

プロフィール

ron

Author:ron
メインはなんだか西島秀俊になってるが、大沢たかお、藤木直人ネタも(時々)書いてます。

音楽はスピッツ、吉井和哉、高橋優が大好きです。

ミーハーブログですが、どうぞ宜しく♪

最新記事

最新コメント

リンク

スピッツPV



presented by スピッツYoutube

-Supported by ブログパーツ屋-

カテゴリ

月別アーカイブ

MONTHLY

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。