071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Takamineギター

写真整理をしていたら出てきた一枚のギターの写真。

タカミネギター


実家の私の部屋だ。

ギターは姉のTakamineギター。

型番は知らんが(ってそんなこと昔は気にならなかったし)、姉が嫁に行ってギターを置いていったから、こっそりギターを弾いてたんだよね。

それがもう8、9年前くらい?

(後ろのポスターは私の音楽という世界に誘い込んでくれた神様のような人。
スティングなのね。
この人に出会わなかったら、ここまで音楽を愛せなかったと思う。
中2で洋楽バカになりました。)

とそれは置いといて。

このギター。

姉は昔~バンドマンと付き合ってらっしゃって、それで勢いでギターを買ってきたのだ。値段は5万くらいと言っていたが。。。果して。あ、エレアコでした。

でもって、姉が家から出た後、私もギターに興味があったから、何か弾きたいと思ってスピッツとか姉の好きだったゆずとか弾いてたんだけど、それはそれは簡単なことじゃなかったんです。誰も教えてくれないし、コードは覚えられないし、手は動かない、だからはじめてすぐに挫折しちゃったんだけど(爆)。

だけど弾けないのが悔しくて止めてしまったのに、写真は撮ってあったなんて…。

ギターを弾けるようになりたかった。
だけど、やっぱり自分は何もできないんだなって。
この写真ギターを弾くことができないことの「もどかしさ」の表れなんだと思う。

あれから数年…
このギターを使わせてもらおうと思ったら、姉が置く場所に困るからって売ってしまっていた。
だから私は「自分のギター」を買ったのだ。

昔弾けなかったのは何故だろう、スピッツもイエローさんも大好きだったのに。
やっぱり「自分のギター」を買ったのが上達の要因だったんだよね。「自分の」と思えるから一層ギターに愛着が出て頑張れるんだな~って。

タカミネのエレアコ…

もう一度弾きたかったなぁ…。

スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment

最初のギターって思い出深いものです。
ワタシの初代ギター(クラシックギター)は「原形をとどめない・・・!」ほどに損壊しましたので、やむなく「捨て」ました(苦笑)。

エレアコはテンション強いものもあったりしますので、本当の入門用としては、あまりススメられません。
本来アンプ(専用!)も買わなきゃいけないモノですので、実質エレキギターの一種とも言えますし(だったらエレキのほうがラク、とも言えます)。

ワタシも中学ん時に初代ギターを買ってもらいましたが(親に買ってもらったのはソレのみ)、弾き方が分からずスグに中挫しました(笑)。で、再度やりたくなってギター教室に教わりに行きました(絶対に人に教わるほうがいいです。早い、です!)。
何か「一生懸命やりたくなる!」きっかけがあるんでしょうね。

今のやる気を大切になさってください。

>ギターの聖者さん

初代のギターってなると、自分のじゃなかったけれど、ちゃんとギターに触れたってことでこのタカミネくんが初代ギターっていう記憶になるんでしょうか。

え、聖者さんの初代ギターはクラシックギターだったんですか!クラシックギターってすんごく難しそうだし、やっぱ中学でってなると聖者さんでも。。。そうですねぇ~人に教わる方が早いと思います(^^;

「一生懸命やりたくなるきっかけ」…それぞで何かあると思うんですが、なぜか突然来ちゃったんですよねぇ。

ワタシのギター人生は、映画「禁じられた遊び」から始まった・・・
というと、何かご年配の方のようですが(苦笑)、まぁ松田聖子のいうところの「ビビビッ」と来るものがあったんでしょうね。

当時はクラシックギター(クラギ)/フォークギターの区別も知らず、ポスト「バンド・ブーム」世代だったわりにはエレキが大嫌いとかいう変な子でして(今はスゴイの持ってますよw)、高木ブーの雷さまに憧れてましたよ。

今ふりかえってみると、中学~高校ぐらいにギター始めるのなら、クラギを教わるのが最善でしょうね。クラギはピック使わず指弾きですので、アルペジオは楽に出来るようになります。何というか「左右の手の最もなめらかな動きを習得できる」ってとこかな?
ゼータク言えば、中学~高校の時は学校か音楽教室でクラギを教わりつつ・・・、というのがベストでしょう。ピック弾き以外のほとんどのテクニックはクラギで習得できますから、押尾コウタローもゴンチチも、クラギに慣れてればそんなに難しくは感じられないと思います。
ストロークはクラギでも出来ますからね。まあ、それでエレキ欲しい子はエレキも持って・・・というのがベストじゃないかな?

人間、どうしても不慣れなことは出来ません。全くナイロン弦に触れたことの無い人は、どんなにスチール弦ギターが上手でもスグには弾けないでしょう。
そういうことで、アコギやってる人間はないろんげんとスチール弦は最低1本は持っておいたほうがイイ、・・・と思います。

>ギターの聖者さん

そうですねぇ~「禁じられた遊び」のあのフレーズはすぐに思い浮かべることできるぐらいの名曲ですし、中学生の思春期って色んなことに影響を受けるし、突然に何だこれ!って感じるものが強いんですよね。

高木ブーっていうとウクレレっていうイメージが強いんだけれど、ウクレレでなくクラシックギターだったんですね。

クラシックギターですかぁ~…。きっとクラシックギターが弾けるようになれば、アコギも楽に弾けるようになるんでしょうねぇ。押尾コータローもゴンチチも!…やっぱり基本はアルペジオなんですよねぇ。

やっぱりアルペジオは指弾きの方が良いんですかね?今、指かピックで悩んでるんですよ。どっちも弾けた方が良いとは思うんですが、感覚が全然違うし…

あ、それから全然違う質問して良いですか?

E♭のコードなんですけど、手がなかなか届かずで苦戦しています。簡単な持ち方とかあるんでしょうか?やっぱり練習して持てるようにしないと…ですか?…ですよねぇ。

高木ブーさんは基本バンドマンですから、エレキを弾くことが多かったと思います。
「ドリフ大爆笑」で、雷様の時にフォークギターをよく弾いてましたね(仲本工事さんも、たまにフォークギターを弾いていた)。
いかりや長介さんによると、ドリフで一番楽器が巧かったのはブーさんだそうです。

ワタシはナイロン弦もスチール弦(フォーク弦)も知らないでギターの世界に入りましたから、南こうせつ・さだまさし(その頃アコギ持って歌ってる人、といえば、フォーク系かサザンの桑田氏、あとせいぜいミスチルの桜井氏ぐらい?)がどういうギター使ってたかも、考えもしませんでした(苦笑)。

アルペジオは、親指~薬指を使うプレーと、フラットピック1枚でのプレーとがあります。
私は主に指弾きですが(コッチのほうが楽ですね)、70年代のミュージシャンはフラットピックでのアルペジオが得意な人が多かったそうです。かぐや姫・風の伊勢正三さんが得意とされておられたとか。
もちろん両方できるに越したことはありませんが、得意不得意はありますので、プロの人でもみんなが出来るというワケでもありません。

B♭などは、人差指を寝かせるように弦を押さえなくてはいけませんので、最初のうちはなかなか難しいと思います(特にフォーク弦では)。
B♭やE♭などは、人差指と中指の間が柔軟に開くようにならないと出来ません。まずは、曲の中で使うのではなく、単独のコードで綺麗な音が出せるように練習すると良いと思います。

>ギターの聖者さん

あ、そうそう!ドリフターズってもともとバンドですもんね。私が知ったときには、「ドリフの大爆笑」だったもので…(苦笑)。フォークギター…すみましぇん記憶にないんですが(汗)、うーん忘れてるだけかも知れません。でもブーさんのフォークギター姿みてみたかったなぁ~。

で、南こうせつ、さだまさしさんのお名前が出て思ったんですが…(それから先日お亡くなりになってしまった加藤和彦さんとか)、私母親の影響もあってかフォークソングも大好きなのですよ!なのでやっぱりフォークソングはアルペジオっていうイメージがあるので(笑)弾けるようにならなきゃな~と。

あとE♭ですが、質問書いちゃったあとにB♭のような形で6フレット目と8フレット目を押さえる方法があるってことを知ったんです。聖者さんもこのことをおっしゃられてるんですよねぇ~。やってみたら思ったような音が出たので大丈夫だと思います。ホントにちゃんと調べてから質問すれば良かったですが、お答え下さったこと有難く思っております。

ワタシも、荒井注さんがドリフだったと知らなかった子供でして・・・(^-^A

ギターの弾き方って、要するに3つしか無いわけです。
1.和音を同時に弾く、2.和音をバラバラに弾く(アルペジオ=分散和音)、3.単音メロディ弾き(リード・ギター)。
これを適宜複合させながら弾くわけです。クラシックギターですと、親指で低音を、人差指・中指・薬指で高音を弾く。

アルペジオは非常によく使われますので、必須テクニックと言っていいでしょう。
しかし、ほとんどフラット・ピック弾きしかしない人は、アルペジオを苦手とする人が多いですね。フラット・ピックでアルペジオはなかなか大変だったりしますし。(絶対に出来なくては・・・というものでもありませんからw)

アルペジオ練習に最適な方法は、使用コードのあまり多くない、ゆっくりした曲をアルペジオで演奏することでしょう。昔のフォークソングとか。
現時点でマスター(暗譜)している曲をアルペジオで弾いてみるのも良いでしょう。(たとえば、スピッツの「空も飛べるはず」を非常にゆっくりとしたテンポでアルペジオ伴奏してみる、など)。

バレー・コード(セーハ)は握力を要するので、気長に練習なさってください。
弦のテンションの関係で、フォークギターが一番大変です。弦の太さもいろいろありますから、エクストラライト、カスタムライト、コンパウンドなどを試すのも面白いでしょう。
ヤイリのギターはテンションが強くならないように作られていますので、「女性にやさしい」会社ですね☆

忘れてました。ドリフの雷様の動画です。
一番上ではマーチンを使っています(確認できます)。下2つは明言できませんがメイプルのギターのようです。

http://www.youtube.com/watch?v=XYAjRmq79dI&NR=1
http://www.youtube.com/watch?v=JHZqqs0cgJg&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=lPeILxKpJ5w&feature=related

法律上の問題になるかも知れませんので、削除は一任いたします。では。

>ギターの聖者さん

うわぁ!ドリフの動画だ。

今、観させてもらったんですが、ブーさん確かにギターもってましたよ~。記憶になかったけど、記憶にありました…って、ん?

工事さんのギターもなかなかですね。でもやっぱりブーさんギター上手い!軽~く弾いてるのに味がある~。

ドリフいつも(家族で)観てたんですけどねぇ、なぜに忘れてたんでしょう?有難うございました。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

プロフィール

ron

Author:ron
メインはなんだか西島秀俊になってるが、大沢たかお、藤木直人ネタも(時々)書いてます。

音楽はスピッツ、吉井和哉、高橋優が大好きです。

ミーハーブログですが、どうぞ宜しく♪

最新記事

最新コメント

リンク

スピッツPV



presented by スピッツYoutube

-Supported by ブログパーツ屋-

カテゴリ

月別アーカイブ

MONTHLY

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。