021234567891011121314151617181920212223242526272829303104

date :2012年03月

  • 2012.03.16(金)
  • LOFT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本映画navi_vol33

にっしーフィーバーも高崎映画祭を持ってメディアでは終了!ですかー。
「ハーメルン」は23日で撮影はクランクアップしたようだけど、夏までにあと2本映画撮るんですよねぇ~。
そのうちの1本が「ストロベリーナイト」(映画化)だったりしてね…。

うーーーーん、ドラマが映画化なのだよなぁ~。秀二さんを演じた菊田ひでとしさん(苦笑)。っま本人の心境は分かりませんが…(ちょっと「えっ!!」ってこちらとしては思ったりしたけれど)演じることがお仕事ですもの、そこはしっかり応援しないとです。

そんなドラマ→映画化といえば?

はいはいはーーーーい、忘れてないよっ全然!(←今、怪しいって言ったやつ誰だ?)
にっしーフィーバーが終わったあと、私には直人さんがいるので寂しくはない(←強がるなよ…)。

6/9から公開になる『ホタルノヒカリ』の番宣?が始まっておりますの。


日本映画navi


今日発売になった、「日本映画navi」。ホタルと部長(ぶちょう)が表紙だよ。
去年の夏にクランクインして、早く観たーーーーい!って思ってたけど、もう公開時期なんですね。

なかのグラビアの直くん…いや、表紙でもお分かりかと思いますが濃い~紺?青?のスーツの色が鮮やかすぎて…眩しい(爆)。で、インナーのシャツがシミ?じゃなかった絵の具が飛び散ったようなオシャレ?なシャツでして…。毎度ド肝を抜いてきますなーーーー。

そんな直くんに奇抜な衣装を着せたがるスタイリストさんですが、今頃知ったんだけど「ホタル~」で共演してた”山田姉さん”こと板谷由香さんのダンナさまがこの方なんですってね。藤木さんのスタイリストさん…そんな繋がりがあったとは露知らず…。でもさ、もっと直くんを普通にカッコ良くさせて欲しいんですけど~~~(ファン心理)。あーーーーでも、知性漂うお顔立ち、正座が似合し、お花に水やり…なんて可愛いのだろね?(笑)

そんでもって、イタリアでのロケ写とかあったり、ホタルのドラマを振り返るコンテンツとかあったり内容も盛り沢山で”ほほ~~う!!”っと言った感じです^^

おっといけない!!

直くんドラマ4月クール出演なのであった。日テレ土曜9:00~「三毛猫ホームズの推理」。相葉くんが主演ってことで、ドラマガイドの表紙はほとんと相葉くんだったぞ(笑)。

でもなぁ~「三毛猫ホームズシリーズ」っていったら、私…石立鉄男のイメージしかないよ(古っ!!)。私らの年代でわからない人もいるけど、けっこう観てた記憶あるもん。

まぁいっか、4月も観たいドラマがあって良かったなぁ~。


スポンサーサイト

今日は西島さんの誕生日。


Tarzan02.jpg


ってことで、西島さん41歳になられましたね^^

あんなに可愛い少年のようなお顔なのに、ほんとに40超えなの?っていう疑問も沸かなくはない。で、私にとって初めての西島さんのお誕生日祝いとなるので、ちょっと今日のネタを考えてみた。

よくある「○○好きに~○○の質問」ネタなんだけど、自分なりに書きたいことをまとめてみた(笑)。まだまだ好きになったばかりだけど、気持ち悪いほど毎日考えてる自分が怖いです(爆)。ってことで、ご興味のある方はどうぞ^^

では、早速…

+++

◇「西島秀俊好きに○○の質問」

①西島秀俊を好きになったきっかけは?

今まで西島さんの映画やドラマもなんとなく観ていたのにも関わらず、全然気にも止めてなかったけれど(苦笑)、『僕スタ』の主題歌がスピッツだったことで『僕スタ』を観るようになり、ようやく「俳優”西島秀俊”」の良さに気付く。コメディ全開の?演技とちょっと素っぽい演技がツボにはまる。西島さんってこんな人だったっけ?と思って過去作を観るようになった。


僕とスター03


②西島秀俊の作品で衝撃を受けたシーンは?

西島さんを気になって初めて観た映画が『サヨナライツカ』だったんだけど、冒頭シーンでの婚約者”ようこ”に対してHをせがむシーンでのセリフ…「ダメだ、我慢できない」の言葉のイントネーションで激萌に…(苦笑)。こんなことをさらっと(しかも子供みたいに)いう人じゃないと思ってたから、ギャップの大きさにビックリ。恥ずかしいセリフもものともしない心臓の強さ(言い過ぎ?)とか、母性本能くすぐる声とかね衝撃!!

(画像全然関係ないシーンだな(笑)。けど、この振り向き加減の表情…撃沈)


サヨナライツカ08


③西島秀俊のどこが好き?

やっぱ笑顔。自分の話してるそばから吹き出し笑いしちゃうとこ。演技は完璧で、バラエティも完璧!(ここぞ!というときに天然を発揮する、トンチンカンな受け答えとか…おいっ!ってツッコミたくなる面白さ)。あと西島さんの横顔がめっちゃ好きですねぇ~。哀愁漂うっていうか、切なくなります。


いたいふたり特典01


④西島秀俊の演技について。

んーーーーー、時にロジックを超えますね。ビックリするくらい急にキャラが変わる演技をすることがあるかな。イキナリ叫んだり、貯めてた感情が一気に放出する演技は凄いなぁ~と思う。何も見てないようで見ているような…空気を自在に操る天性の俳優さん。

(出た!指差し演技!!)


真木栗ノ穴03


⑤西島秀俊の作品の何が好き?

まだ全部観てないんだけど…「いたいふたり」「海でのはなし」「真木栗ノ穴」「休暇」「CUT」かなぁ~。

⑥その理由は?

・「いたいふたり」…若い西島さんのパンツ姿…じゃなくって、ほんとに可愛いくて♪
           妖精っぷりを観るならこれだし、妻”なつ”とケンカするシーンが子供っぽくてかなりツボ。

・「海でのはなし」…スピッツとの共作という理由はあるけれど、博士の話し方が好きなんです。時々、真似したく               なりますね(「~ですよ」調)まったりした声のトーンが良いんだよなぁ~。

・「真木栗ノ穴」…まさにロジックを越えてますね。脚本もオリジナルでホラーチックなのに、どこか変で(←へ?)               どんどんストーリーに引き込まれてく面白さ。で、勉先生のコミカルさとキレっぷり、そして完全にとり           憑かれちゃってる演技の流れの上手さでしょう。

・「休暇」…死刑をテーマにした映画で重たいんだけど、西島さんが演じた死刑囚の心情が怒涛のように流れ込んで        きます。死刑執行のシーンは、忘れられないくらい印象的です。

・「CUT」…西島さんのようで西島さんでない、今までのイメージがまたガラリと変わって、改めて映画人「西島秀俊」        の凄さを思い知る。ただ殴られてるだけなのに、圧倒的な秀二の思いの強さが伝わってくるのが凄いです。       相手を威嚇する西島さん…観たことないでしょう?

⑦好きな髪型は?

最近の髪型も悪くはないが(左の前髪はちょい短いの…フフフ)、やっぱり普通の坊ちゃんヘアーか、冬悟さん風ボサボサヘアーだな。あと、オデコを何げに出しても可愛いのよ…。短髪の秀二さんも好き好き~♪

⑧これから演じてもらいたい役などは?

難しいな…結構色んな役をやってますからねぇ~。けどあえて、「アクションスターばりの冒険者」(←インディージョーンズかよ!)か「ワイヤーアクション炸裂の香港映画?」まだまだ40、体が動くうちにやっとかにゃ!「丘を越えて」「ストロベリーナイト」で華麗なアクションを見せてもらったけど、物足りないわ。ってことで、西島さんもワイヤーアクションしたいっていつぞやに言ってたし(笑)。

⑨最後に一言。

結局まとまらない○○の質問になってしまったけど、また思い立ったら書こうかな。ってことで、西島さんお誕生日おめでとうございます!お体にお気をつけて、映画の撮影頑張ってくださいね。



高崎映画祭の記事が出てたので。

プレス用の写真撮影シーンがUPされてたので、昨日の高崎映画祭の様子です。

☆こんな感じでナデリンはしゃぐ…西島さん爆笑→YOMIURI ONLINE

☆各種画像出てます→MSN産経ニュース

ほんとにこの2人…っていうか監督一人で爆笑の渦に巻き込んでました。それを止めようとする西島さんの可愛らしさったらありゃしない。この後2本監督とまた撮るの?こんな監督についてけるのは、やはり西島さんだけ…かもなぁ~。


生にっしー可愛すぎるぞ!!


高崎映画祭パンフ


行ってきました、高崎映画祭授賞式!!

『CUT』も『セイジ』も舞台挨拶に行けなくて心底ガッカリな日々を送ってきましたが、やっと念願の西島さんに会えました。というか一方通行ですけど、16列17番、ちょっと遠いかも…と思ったけど、実際やってきたらそれなりに見えるもんですね、キャパ700人の会場…素敵じゃん。

大好きな俳優さん、アーティストさんは多々いえど、こんな感じで会いに行くのは初めてだったので緊張と楽しみがごっちゃになって、気合を入れてオシャレして…ダイエットもしてみたり(笑)。

+++

◇そんな高崎映画祭授賞式。

榮倉奈々ちゃん、鈴木杏ちゃんの有名女優目当てのコアなファンもいらっしゃいましたが、やはり本命「西島ファン」の層はほとんどと言っていいくらい、出てきた瞬間の叫びにも似た圧倒的な歓声は西島さんの人気を伺えますね。

それを受けつつ、西島さんはガッツポーズを2回くらいしながら壇上の端っこから登場してきました。もっと”スゥーーーッと”入ってくると思ってたのに、予想外のお茶目な登場に会場が湧いたのは言うまでもなく。背が高い!めっちゃ細い!顔小っちぇぇ!でもってめっちゃ素敵だぁーーー西島秀俊!!

そんな今日の西島ファッションはというと、いつもの全身黒スーツじゃなく、細身の黒のスーツでシャツは白&細い黒ネクタイで、左胸には受賞者全員に送られた黄色いチューリップを付けてました。ちょっとしたアクセントで可愛かったですねぇ~。

そうそう忘れちゃいけない特別受賞者のナデリ監督もほんとにお茶目というかなんというか…西島さんが大好きなの分かったからって感じだし、この2人、噂には聞いてたけど本当に夫婦かってくらい、ずぅ~~~っと話されてましたね。人の挨拶を聞いてるのか聞いてないのか、ナデリ監督が多分西島さんに質問攻めにしてたんだと思うけど、それに付き合う西島さん、英語で話してるんですよねぇ~ん?ナデリ語で話してるのか(笑)。少年のような笑顔を惜しげもなく見せてくれてます^^

ナデリ監督の長い受賞挨拶、アカデミー賞とかグラミー賞とかでよく耳にする制作スタッフ・俳優さんたち一人一人に感謝する形式の挨拶が外国人らしかったです。

西島さんはというと、6年前にこの高崎映画祭で『帰郷』で主演男優賞を頂いて、その年にナデリ監督と出会って、『CUT』を作るまでに5~6年掛かりましたと。また同じ映画祭でこの壇上に上がれたことが嬉しいですって言ってました。んでもって、にっしーの「西島秀俊です^^」の自己紹介のあのニュアンス(「めざましTV」でも可愛かったね)が本当に可愛くて、今ここで私いるんだって実感したいけど、まだ夢の中にいるような…そんな感じでした。

そして、恒例の高崎名産でもある「ダルマ」を受賞者全員にプレゼントされたんだけど、これがまたナデリ監督が気に入っちゃって子供か!みたいにはしゃぐんで西島さんが必死にセーブしてた姿が笑えました。記念撮影でダルマを頭の上に何度も乗せてみたり…ナデリンワールド全開です(爆)。しかし、このダルマをどうしろと?(爆)群馬県民しか飾らないもんなぁ~って思ってたら、西島さんがナデリ監督に「ここに目を書いて…」ってな感じで、飾り方を教えてたみたいで良かったわ(笑)。けど…西島さんも6年前にもらってたんですね(苦笑)。

そんなこんなで、授賞式は1時間30分くらいで終了。TVの取材が来てたけど、あれケーブルTVの機材だったかな?J-COM…うちは加入してません。あと明日の上毛新聞?に載るのかな?とりあえずチェックしとかねば。

ってことで、ほんとに今日は素敵な夜を有難う&主演男優賞おめでとうございます!!

P.s…画像トップ。高崎映画祭のパンフとチラシたちの中に5月からこちらではロードショーとなるため「セイジ」のチラシが入ってました。あとKIRINの提供広告に「麦のごちそう」白黒西島さん(笑)。色んなことろで、気を使ってもらってます^^んで、いつも不思議でならないんだけど、西島さんのプロフィールの画像ってなんでいつも同じなの?蟹工船んときのにっしー…WHY?


明日会いにいく。

はぁーーーーー、緊張してきた。生西島さんまであと1日だよ…。

結局、ダイエットは…い、1キロ落ち?(喜んで良いのか分からんが)目標の2キロは達成できなかったけどお腹の苦しさは無くなったかな(ははん!)。板チョコは当然ムリムリ~♪

でさ、人がせっかくキレイになって西島さんに会おうと思ってるのにさ(向こうは見ちゃいないけど、つか知るかって感じだけどね)、うちのダンナが酷いんだ。

ダンナ:「痩せてキレイになるより、もっとめちゃくちゃ太った方が逆に目立つんじゃない?」

って笑いながら言いやがった。

「西島、西島」ってウルサイからだろうけど、人がせっかく努力してんのにその言い方イラッとくるね!

+++

まぁそれはあっちに置いといて。。。

スピッツのイベントとかもあるんで、頭は西島さんとスピッツで行ったり来たりなんですが、久しぶりに「タイムトラベル」聴いたら、『僕とスターの99日』が観たくなって昨日は1話から3話くらいまで観ちゃいました。「ストロベリーナイト」の菊田も当然大好きなんだけど、私的に航平の方が好きかもなーーーーって、うん。あのヘラヘラ具合が西島さんらしくないっていう人もいるんだろうけど、なんでかコメディ全開の西島さんがツボでねぇ…(笑)。

→ってことでスピッツの「タイムトラベル」と「僕スタの航平さん」。





耕平さんはリンクでごめんなさい。→最終回直前「ボディガードの99日」
あーーーー笑える。んで、やっぱ好きだ。

あっ、でも明日は『CUT』の秀二さんに会いになのかなぁ~。生ナデリンも楽しみだし(どんなHighテンションなのか拝見したい!)うぉーーーー緊張するっ。


「春の歌」が弾きたくて。

もう3月中旬だというのに、まだ温かくなりませんねぇ~。
本来なら2月の下旬頃から3月の春分の日くらいまでに春一番が吹くらしいんですけど、なんでか14年ぶりらしいですよ、春一番が吹かない年ってのは。

今日もめっちゃ風寒ぅ~~~!!
気温は10℃を超えたけど、問題は体感温度なのですよ。。。

そんな中、春が待ちきれない私はスピッツの『春の歌』を聴く。
マサムネさんのギターと声は魔法だね。





そういえば、ギターを初めて4年くらいになるが(まともに練習してない…汗)この曲を弾こうと思いながら春が3回去ってしまっている(爆)。今年こそ!とは思ってはいるけれど、果たして…。

そうそう、スピッツのファンクラブイベント『GO!スカ』は明日から始まりますが、HPではグッズ詳細もUPされてましたね。マサムネさんデザインのTシャツがめっちゃ可愛いし、会員収納ファイルもファンクラブならではの代物だし、そして内藤順司さんの写真集も絶対買いたいし。

春はもうすぐ?だけど、私の頭の中はすでに春?(苦笑)。早くマサムネさんに会いたいよーーーー。
西島さんに、マサムネさん、一人に絞れなくてごめんなさい。

とりあえず『春の歌』ギターも頑張ろっと。


LOFT


LOFT.jpg


私の大嫌いなホラー映画だってことは十分承知なんだけど、「アクターズ・ファイル」に載っていた西島さんの赤いVネックのセーターとちょっと長めの髪型が私的にツボで(このくらいの髪型が好きだ)ホラーは苦手だけど、可愛い西島さん観たさに借りてみた。

けど、この西島さんってば…またまた不思議ちゃんな役だったよ。見た目は優しくて、作家のことを思いやる頼りになる編集部長ってな感じなんだけど、でも西島さん特有の?棒読みセリフ(酷いなー)が上手い具合に怪しい雰囲気を醸し出していてこれぞ西島演技の真骨頂みたいな感じです。

赤いシャツと、花柄?の柄シャツと、紺色のシャツと、白のシャツ、そして極めつけは赤いVネックセーター。こんなに衣装を変える西島さん映画は初めてみたな(でもスラックスは灰色で毎回同じ^^;)。そうそう、『ゼロの焦点』では中谷美紀さんに殺されちゃう役柄だったけど、こちらは中谷さんを道連れに死んじゃおうとしてましたね。


LOFT02.jpg


そんな西島ポイントをツボりつつ、映画はというと…

西島さんがリスペクトする黒澤清監督の作品なんだけど、色んな疑問が残ったまま”THE END”されちゃって、映画の意図を理解できなかった私がダメだったのか、私だけ放っぽり出されちゃた気分になってしまった感じで。

キャストは豪華な豊川悦司と中谷美紀、そして安達祐実も色を添えて面白くないハズはないんだが、どーしてもこの脚本自体に疑問が生じるんだな。”ホラーとサスペンスと恋愛映画”が融合した映画なんだろうけど、観てるこちらとしてはどこに基準を置いて良いのか分からない…(汗)。

◇観ていての疑問&ツッコミポイント…

+++

①礼子とミイラの関係

中谷美紀扮する芥川賞作家(礼子)が、スランプで体調を崩し幻想だかなんだか分からんが黒い液体(泥)を吐く件があるけれど、礼子と1000年前にミイラ化した女性との因果関係が語られていないのがすごく気になる。ただ、ミイラが礼子を呼び寄せるための繋がりだけだったのか?あんなにもドス黒い液体をドローーーーんと吐き垂らした礼子が(妄想だとしても)ミイラと何も関係がないことが有り得ない。私の想像では、「ミイラの生まれ変わりが実は礼子であった」…と踏んでいたのだがカスリもせず触れもせず…。だからあの礼子が吐いた泥は一体何の意味があったのさ?(爆)。

②なぜ木島は疑惑の物件を礼子に勧めたのか?

スランプ状態の礼子に3ヶ月前に有望女性作家を殺人未遂(自身は殺害したと思っているが、実は最後に息の根を止めたのはトヨエツだった)した郊外の一軒家を勧めた木島編集部長(西島さん)。なんでわざわざ自分の立場が危うくなる物件を勧めたんだろね?そして時々予告なしに礼子の家へ不気味に訪れるのだけど、礼子に気があるようにも見えないし、やはり前の事件が気になって詮索しに来てるだけなのか…西島さんの何考えてるか分からない表情がほんとに不気味なんだよね。

③強風の中愛が芽生える!?

殺された作家志望の水上亜矢(安達祐実)の死体を2人して掘り出す件。強風の吹く中で必死に掘り進めるシーンがあるんだけど、「なんでこんなシチュエーションで撮らなきゃいけなかったんだろ?」って疑問に思ったり(苦笑)。あと、それまで名前で呼んでなかった吉岡(トヨエツ)が礼子のことを”礼子”と名前でイキナリ呼んでたり(いつからそんな関係になってたんだ?)、いきなり笑い出したトヨエツの演技が逆に怖かったり、死体が埋まってなくて安心したのか自由の身になった2人がキスし合ったり(…ちょっと強引なトヨエツに萌え~ってなったけど)、この状況下で愛を芽生えさしちゃう監督の半端ない自由さ加減がほんとに怖い…(爆)。

④吉岡のキレっぷりに…

それまで動いてなかったミイラが動き出して、吉岡を襲う?件。

吉岡:「みんなお前のせいだぞ、お前の運命に俺を巻き込むな、俺の問題は俺自身で解決する、だからお前も自分の運命は自分で決めろ!動けるんだったら最初からそうしろ!!」

この映画のセリフが全体的におかしな感じで違和感があったんだけど、このシーンのトヨエツのセリフで一気に冷めた(爆)。お前の運命って何だ?俺の問題はミイラが何かした?動けるんだったら最初からそうしろ!って言われても…。確かにメインはミイラを題材としたホラー映画ということなのに、全然キャラが目立ってないってのはどーゆうこと!?ってみんなも思ってたハズだよね^^;

⑤ラストの吉岡が沼に落ちるシーンはギャグなのか?

ビックリしました…。ただそれだけです(苦笑)。

+++

そんなストーリーに驚き(唖然と?)ながらも、これが黒澤清ワールドなんですね。『ニンゲン合格』ではあまり気にもしなかったけど、ホラー映画としては初めてみる黒澤清作品だったし、そうなのか!って感じです。何か変って薄々感じつつも、森の中の幻想的な映像に惹きつけられ、映像のカット割の上手さに驚き、そして何よりも強引に話を進める監督の心意気が笑っちゃうほど伝わってくる映画だったと思います。

にしても…結果、ホラー映画なのに笑っちゃうってどうよ?(爆)


西島さんを見習って

痩せたいんだけど、誘惑に負けちゃうのよねーーーーー。
ホワイトデーでお返しも来ちゃったしーーーーー。

と書いてる時点で、お前絶対やせる気ないだろ!!っていうツッコミ…あーーーー耳が痛いっ(爆)。

西島さんは体重を多くすることより、少なくすることの方が楽なんですってね。
油断するとすぐに体重が減っちゃうらしい。

…何とも、羨ましい体質だこと!

けど、今回の映画『CUT』と『セイジ』は人生で一番体を絞った映画で、


火曜サプライズ14



火曜サプライズ15



火曜サプライズ16


過酷なダイエットの末、食べ物を凝視していた経験をしたらしい。。。って話は皆ご存知かと^^

でもなーーーー実際(私が)やるとしたら、ストイックにこんな真似は出来ないし普通に食事制限ってな感じなんでしょうけど、夜ブログ書いてると何となーーーーーく食べたい衝動に駆られるワケで…。もう毎日、なんかしらお菓子食べてるよ。しかも、昨日友達に頂いたパウンドケーキがそりゃま美味しくって、結局1人で食べちゃったしね(あはは~)。ダイエット!!とかいって、お弁当を欠かさず持っていくようになったのに、これじゃ意味もないよねぇ~。

『CUT』を観たときの衝撃は何処???あんなにまで絞った体は衝撃的で言葉失ったくらいだったのに…。自分のお腹のお肉をちょっとつまんでみたりして…はぁーーーーーーーーー(ガックシ)。

25日まであと1週間と3日!西島さんに会うためにちっとはキレイにならねばねーーーー!!

目標2kg減!!

目指せ板チョコ!!(笑)

明日から頑張るぞーーーーぅ!!


クロレッツ新CMだよ。


クロレッツXP


昨日いつものコンビニに寄ったら、ガムの棚に宏の広告がドーン!と(ちょっと盛った?)飾ってあって一瞬宏と目が会って(ドキッ!!)…ガムを…ガムを…買ってきませんでした。。。

…はいっ!?

いや、ガムを買う予定は無かっただけだったんだけど、心の中じゃこのPOPを持って行きたいくらいの勢いで…(爆)。

また”なんで今更宏の大々的な広告?”とか思ったけど「クロレッツXPがリニューアル!!」ってことで新たに広告展開が始まったってことなのね。どこかどーゆう風に変わったのか?「新しくなった『クロレッツXP』は清涼感のあるミント風味が長続きし、噛んだ後まで息キレイ!」だそうで、新CMが今日からのON AIRになったようですね^^ 

クロレッツのCMに出て5年目、ついに上司に昇格!!だって。

まだyoutubeでUPされてないようなのでクロレッツHPへ→CM、メイキング、インタビュー

宏のCM15秒バージョンと30秒バージョンとメイキングとインタビューなんかもあったりして、特にインタビューは笑えますよ(苦笑)。宏らしいジョークというかクロレッツ愛?には…あれわざとでしょ?言わされてる気もしなくもないけど、あえてクロレッツにかけて話を進める君が好きだ!!

でもさ、今噛んでるの…ごめん小出恵介のCMのヤツなんだ(クロレッツICE)→CM、メイキング、インタビュー

ってことで、宏のCMもいつ観れるかなぁ~~~~。



チケットGET!!しました。


にっしー26


あ~~~~~~可愛い、可愛すぎるよ西島さんっ(p≧∀≦q)〃

もうね、この笑顔が生で見たいんじゃい!!
そんなこんなで、高崎映画祭の授賞式券を取るために今日の朝からソワソワ…

毎年映画祭の授賞式券は即日完売になるという。
そうじゃなくても、西島さんだし!!競争率は今年は考えてみただけでも恐ろしいわ~~~~ってヽ(´Д`;)ノ

けど、気合で取ったよ!!!!

それから一緒に行く相手が見つかりましたv(^^*)v
西島ファンじゃないけど、かなりミーハーな会社の子です。結構、声をかけると「(どこでも)行く行く~!!」という子なので今回も声をかけてみたら、速攻OK!!ストロベリーも観てるっていうし(でも西島さんに未だにヨロめかない…なんでじゃ!?)まぁ、あれだよね、生西島さんに会ったら彼女も分かんないよね…きっと西島さんの魅力に気がつくんじゃないかなぁ~。

そんなことを願いつつ…

私は西島さんに会いにいく!!!!


ところで高崎映画祭なんだけど…


CUT07.jpg


西島さんの授賞式出席が決まったそうですね(^-^ )

高崎なので行けなくもない距離なんで、行きたいな~~♪とは思ってるんだけど、よくよく考えてみたら私1人?なんですよね…(_ _|||)しかも、作品賞の『サウダーチ』を先に鑑賞してからの授賞式へという流れなので、ちょっとひとりは流石に寂しいな。。。

もしこのブログで行きたいな、行きたい!っていう人っていますかね?

私一人でも良いんだけど、できれば西島ファンと…

だけど、まだうちのお義母さんに出かけて良いか聞かなくちゃ^^;
(同居だと、そこんとこ辛いんで…)。

☆高崎映画祭のHP→こちら

ステラ表紙で直人さん


ステラ表紙


最近露出が増え始めた直人さん。

っていうか、直くんが表紙!!ってのは久しぶりではなかろうか…?
最近の雑誌であったかなぁ~~~~ってくらい久しぶり!!

NHKステラの雑誌なので、もちろん『平清盛』関連でのご登場。

中ページグラビアもため息もんだよねぇ~~~~。


ステラ01


そして、同じ棚に並んでたTVガイド雑誌etc…直人さんの名前なんぞあるかしら?じっくり見たら「あった!!」。全然直くん情報調べてない不届き者ですが(汗)見つけたらそれはそれでテンションMAX!!ですよ。

TVfanの中でインタビュー&グラビア直くん。


TVfan.jpg


やばいっ!ヤバすぎるほど画像修正されてる…じゃなくてほんとにキレイなんだよねぇ~。インタビューがまた面白くて、ジュースジャンケンの話(最後まで勝った人がジュースをおごる)とか。松ケンと和気合いあいと撮影合間に遊んでる…じゃなかった過ごしてる様子が目に浮かぶなぁ~。

ってことで、ステラ買ってない人は急げ急げ~~~(笑)。


「ストロベリーの法則」なんつって。

『ストローベリーナイト9話』…(「お帰りなさい…」 by 菊田)

先週の予告から今か今かと待ってたこのシーン。
毛布掛け~のシーンがあっさりしすぎてたので正直「っへ?」って思っちゃったんだけどね。
そんで、それ以上に急接近をまたもや『第9話』で菊田からしちゃったワケだけど…


ストロベリー8話01


思わずキュッって上着をつかむ姫…
そして、菊田も指をグッと立てちゃったりさ…(観てるこっちがドッキドキさ~♪)

ふっと我に返って、菊田をつき離す姫であり…

さすがにこの後の展開を期待しなくもないが、刑事ドラマ展開に支障をきたす恐れもあるので、ここは菊田にとっても観てるこっちも我慢だな!…って何の我慢なのさぁ~~~?(笑)


ストロベリー8話02

ホテルの自動ドアを通ってく玲子の後姿を眺める
菊田の顔がいい顔だ!


そんな竹内結子と西島さん。

今更書くのも何ですが、『笑顔の法則』で9年前に共演してるんですよね。このドラマ、リアルタイムで観てた記憶があるんだけど、何話目まで観たかは覚えていない(汗)。結構面白かったと思うんだけど、視聴率が11%とあまり振るわなかったみたいで…まぁ日曜9時じゃ仕方ないか。

で、肝心の西島さんはどこにいたのかと…全然記憶にない!!(いやマジで)。

ってことで借りてきました『笑顔の法則』DVD!!

◇阿部寛が人気マンガ家で、竹内結子がひょんなきっかけで阿部寛(櫻井礼二郎)のアシスタントに抜擢され、竹内結子(祐美)の兄が働いてる老舗温泉旅館に3ヶ月間、雲隠れさせられながら連載を書いてくっていうストーリーで、西島さんは、旅館の女将さんの息子でFM伊豆長岡のオーナーっていう役どころ。

+++

主要脇役ですが出演時間は少なくて、1つの話で1~2回くらい出てきます。まだ1巻と2巻しか借りてきてないので、どれくらいカット数が増えてるか分かりませんが…。で、観ながら思い出してく…確かにこの人いたよ、いた!(爆)。演技も顔もあっさりしすぎて記憶に残らなかったのかも知れないけど、今観てるから言えることなんだけど…この妙な演技を忘れるってどーいうこと!?(苦笑)


笑顔の法則02

(玲子と菊田じゃないです)
回を追うごとに、祐実にちょっとづつ恋心を抱ちゃうらしいよ。



笑顔の法則03

「こんなときにあれだけど…君いい声してるね♪」
(菊田だったら、そんなこと言えません)



笑顔の法則04

役で体型を変える西島さんだけど、
若いときはとくに細い。



笑顔の法則01

FM局のオーナーなので、マイクに向いません
(残念その声が聞きたいよ)
なんでしょうねぇ~この可愛さは…


で、画像載せたかったけどあまりにも笑ってしまうのでヘルメットにっしーはCUT。ほんとに可愛いんだけど、変に似合わないし…。西島さんってバイクも確か趣味のひとつでしたっけ?「バイク=西島さん」っていうイメージはないんだけど(←相変わらず失礼なヤツだなぁー)バイクシーンも観られてなんだか得した気分♪

さて、続きを借りたいとこだけど最終話まで借りられてたのよね。きっと、ストロベリーファンか、西島ファン!!第5話は母親役の野際陽子さんの前で号泣シーンとか。「ストロベリー」観つつ、「笑顔の法則」でまったり西島タイム。はぁ~~~まさか共演してたとはね。。。

…にしてもさ、菊田さんの恋は実るかな?キスしちゃえーーーー!!って思ったのは私だけか?(爆)


もらっちゃったぁ~♪


にっしー37


会社で「にっしー♪にっしー♪(←会社では”にっしー”呼ばわりデス)」煩く言ってたお陰で、なんと!会社の同僚Fちゃんに「麦のごちそうPOP」をもらってしまいました!!。Fちゃんのダンナさんは某スーパーで働いてるのですが、数日前にこのCMをたまたまダンナさんと観ていたときに、「西島さん好きな子が会社にいてさ~」っていう話をしていたそうで、POPを見たときすぐに私のことを思い出したそうです。


麦のごちそうPOP01


縦長25×51cmの単冊ポスター。両面プリントだけど、西島さんと片瀬那奈さんが写ってるのは片面のみ。


麦のごちそうPOP03


可愛えぇ~なぁ~~~(* ̄▽ ̄*)
…西島さんが。(←片瀬さんもでしょ?)

あと、別のポスターもあるらしんだけどそっちも良いのよねぇ~(←こっちはもらえず…)。

だけど、うちの近所のスーパーじゃどこにも西島さんが(POPね)見当たらなかったのに、あるとこにはあるのだねぇ~。ヤフオクでPOPがオークションに出てるのは知ってたけど、まさか同じのがもらえるなんて思ってもみなかったんで、めちゃくちゃ嬉しっ(≧∇≦)/

やっぱ日頃何にでも好きだって言ってると良いことあるのかもネ!!


ラストシーン


ラストシーン


DVDレンタル屋さんで、見つけた『ラストシーン』。主役の麻生久美子さんを『CASSHAN』で最近観たこともあって、なんだか気になって借りてみました。だけど、ストーリーを知らずに借りたので観始めたら思わぬ展開でビックリ!!

ノスタルジック風な背景と七三分けの似合う(笑)好青年風の西島さんと、なんだか荒々しい麻生祐未さんがなんとも怖い…(爆)。麻生祐未さん…なんだか見たことあるなーって調べてみたら、西島さんとは『ジェネラル・ルージュの凱旋』で共演されてますね、高級クラブのママがそうでした。


ラストシーン01


…なんだけど、この”おどろおどろしい雰囲気”は何なんだ!?しかも祐未さん演じる「ふじこ」は子供を自分で堕ろしたショックで頭がおかしくなって、電話からは胎児の声が…ふと窓を見上げると胎児の手と胎児が張り付いてるぅ~~~!!!!って思わず”どひゃーーー!!!!”って観てるこっちが驚いてしまったが、そのタイミングで「CUT~!!」の声が。一斉に辺りが明るくなりカメラは引いて全体の様子を映し出す。ってこれ映画の撮影だったの?ってやっと時代背景と西島さんの役柄が分かるのだ。

私、ホラー映画を借りてきちゃったんだと思って正直焦ったんだけど、この演出には参ったわ。そういや、監督は中田秀夫さん…あの『リング』の監督さんなのでこの手はお得意なのですね。

+++

この映画は往年の映画スター三島健を過去と現在とで2人の役者が演じていて、西島さんは1965年当時の三島を演じています。コンビを組んでいた人気女優・吉野恵子の引退がきっかけで次作の主演を若い俳優に奪われ、周りのスタッフに当たり散らし、挙句の果てに妻が交通事故で他界、日本映画界の衰退とともにこの世界から姿を消す…という役所でした。この神経質な不機嫌さを醸し出す芝居が絶妙です。


ラストシーン02

大杉連さんと笹野高史さん。


そして得意?のナンパ術なんかも見せてくれて、ファンとしては嬉しい一幕も(笑)。ただ、失敗に終わりちょっとみっともない姿の西島さんで、なんだか可哀想に思ってしまったけど…逆に女の方が1枚上手だったような(苦笑)。

自分を理解してくれないイライラがMAXになり、助監督なり照明さんなりを殴ってしまう横暴さ…もう手に付けようないほど自分を追い込んでしまう三島。撮影のシーンの最中、ふと見ると暗がりのなかに奥さんの姿が浮かび上がる…。そして、映画のスタッフから三島の奥さんが交通事故で亡くなったという知らせがくる。


ラストシーン06

…っていうか、やっぱりホラーじゃーん!(爆)


時が経ち、2000年現代へ…。

撮影所システムは衰退し、TVドラマからの映画化へと時代は移り、かつての活気が失われていた。映画が好きで映画の世界を夢見て入ってきた小道具係のミオ。しかし、誰もがこの状況に不満も抱かずミオには理解出来ないでいた。そんなところに、代役として35年ぶりに映画に帰ってきた三島に出会う…。

映画の世界に憤りを感じ辞めようとするミオと、映画の世界を離れた老人三島。この2人の交流が第2部(と位置づけて)のストーリーになるのかな?初めのうちは、そっけなく三島を扱うミオだったけど、三島が何気なく語りだした映画の世界に入ったきっかけを聞くうちに、三島が映画にこだわる理由が何なのか?興味を覚えていく…。

撮影に入った三島は、最後のセリフがなかなか言い出せない。撮影スタッフも少々嫌気も差してきたとき、その様子を見守るように再び彼の目の前に亡くなった妻が現れる。今は物置となったかつての楽屋で、昔に還ったようにセリフ合わせを始める2人、そして若き日を思い出してゆく。


ラストシーン04


自分のせいで死なせてしまった罪を背負い生きてきた三島であったけど、35年の時を越えて妻の心を知ることになり、再び撮影の現場に戻っていく三島…「生まれ変わっても映画人でいたい」という思いが、スタッフ全ての心を動かせる。そして、ラストシーンへ向けて映画はひとつになった…。

+++

観始めたときは”一体どんな映画なんだ?”って思ったけど、現代の映画現場シーンがグダグダ過ぎてもうちょい演出のしようもあったと思うけど(過去の活気のたった現場と今のやる気のない現場の対比を描いてるのは分かるけど)、三島の回想シーンからグッと映画が締まって行くんですよね。

過去を受け入れるために再び映画に戻ってきた三島や、時代の流れでリストラされた男が結局映画から離れられずに撮影所に戻ってきてしまった清掃員のおじさんや、過去に三島に殴られ屈辱的に思ってたおじさんも、全ての人が映画を愛していたことが微笑ましい。

そして何といっても、駆け抜けの俳優時代、大部屋女優だった妻に一目惚れする三島の表情、そして看板スターとなり幸せそうに寄り添う姿…この幸せは続かなかったけど、最後はちゃんと迎えに来てくれたんですよね。このシーンだけでも涙なしにはいられない。人生のラストシーンという意味でも素敵な場面でした。


ラストシーン05


時代は変わっても、失ってはいけないもの。失ってみて、初めて分かるもの。人それぞれの大切なものをいかに守っていくのかがこの映画のテーマでもあるのかな?ふらっと借りてみた映画がビックリするほど素敵な映画だったときは、何倍にも嬉しい気分になれますね。

とは言っても、西島さんの傍若無人な演技と、まだ心が無垢だったときの可愛い演技の両方が観られたお得感…(爆)このギャップは何だ~~~あまりにツボすぎて笑いが止まりません。。。


ラストシーン_ブロマイド


それから、往年の映画スターだけに、ブロマイドを撮っているシーンあり。この他にギター持ってはしゃいでる?(はしゃぎ切れない…恥ずかしがり屋の)映像が特典映像の中に入ってます(笑)。気分は石原裕次郎?映画黄金期の作品が大好きな西島さんにとって、この映画スターの役はどんなだったろうな?西島さんらしい?ダメなやつだったけど(苦笑)結構ハマってますよねぇ~。おデコを出すとめちゃくちゃ可愛い西島さん…たまにはおデコ出してくださいってなんでか思ってしまったわ。

そんな感じで西島マニアにはたまらない1本ここにあり(笑)。


「スタジオパークでこんにちは」直人生出演

ははは…なんか直人さん久しぶりに観た(爆)。
いやっ、「平清盛」はちゃんとHDレコーダーに撮ってあるんだけど、まぁちょこちょこ観る感じ?

そんな今の私の直人立ち位置ですが(爆)、出てきた直人さんに「やっぱり素敵だなぁ~♪」と思ってみたり。でも、「謙虚さと自虐さが歯がゆい感じのコメント」がやっぱり直人らしい(きゃ!)まぁ本人も言ってたけど、自虐の割合の方が多いんだよね、色々と…。

んで心配してた服装なんですけどね(スーツでくるかorヘンテコ衣装でくるか)


スタジオパーク01

結果はこんな感じ…
なんだろーなー、微妙…(っておい!)


◇色んな話が飛び出たけど、まぁ内容は知ってる話ばっかだったんで、気になった質問をいくつか。

☆「藤木さんのドラマの中で必ずと言ってもいいほど、綺麗な女優さんと結婚式をしたり、チューをしたりしていますが、今まで何回結婚式されましたか?」


スタジオパーク02

「たぶんね、7・8回じゃないですかね?
…違う?…もっとあるぞ?えっ…もっとないぞ?」

ってガラス越しのファンに聞く直人さん。
こーゆう心配りというか、ファン精神がたまらんね^^



スタジオパーク03

「毎回ね、タキシード?着てまた僕似合わないんですよ…。
(ファン一斉に「えーーー!!!」の声)
もうすぐ40なのにまだタキシード着てる~って思うんですよぉ~」

の顔がめっちゃ可愛えぇなー。


◇話の流れが「平清盛」に…

…出家する前の西行さん、佐藤清盛の役なんだけど、さすがに女の扱いが上手いんだよねぇ~。言葉巧みに近づいてく感じが、ゾゾッとするし、女からしてみればヨロっと行っちゃうじゃん!頭も良いし、直くんならではの役だよねぇ~。

でもさ、この番組に寄せられたメッセージで大事なことに気がついたんだけど、

☆「今回初の僧侶役で、初の坊主頭にドキドキしています…」と。

あぁーーーーそうだったわ!丸坊主になっちゃうのよー。でも、カツラだから実際に剃らないけど丸坊主だなんて、私は耐えられないかもーーー。


スタジオパーク04

「実際にも剃ったことはなかったというか、スポーツ刈り程度だったんで…
ちょっと…違和感を感じましたけどねぇ。
でも現場に入ったら、みんなは褒めてくれましたけどねぇ。」

と自分を励ましながら、遠い目をする直くん…本当はショックだったんじゃないかなぁ。。。


◇「恒例の芸能界に入ったきっかけ」…”勘違いで芸能界”を目指す!?

もう何度も聞いた話ですが、高校2年のときに、高校のミスターに選ばれ芸能界に憧れる。が、双子の兄に反対されメンズノンノのモデルオーディションを諦める。けれど、大学2年生のときもう一度応募して、最終選考で落ちるがその時の審査員に拾われ、念願のメンズノンノでデビューってなったんだよね。

メンズノンノの写真が出たので載せとくわ♪


スタジオパーク05

可愛いけど、今の直人さんの方が好みだわ(笑)


◇イケメンと呼ばれて苦労したこととは?

数々のドラマに「イケメン○○やら、エリート○○やら」って代名詞のような役についちゃう直人さんだけど、実際イケメンっていう言葉がどういうことか分からないそうで…(これ世の男子に喧嘩売ってます発言ですけどー)。みんなが受け止めてるイメージであって、それが肩書きについてると大変だなって思うそうな。

☆↑の発言を受けて「イケメンイメージによって損したこととかは?」


スタジオパーク06

「勝手に外見で何でもできそうみたいに思われてしまう?みたいな…
”足も速くないし、字も綺麗でない、語学もできない…みんな勝手に顔で判断する…」

いやっ…そんなに嫌がる顔しなくても~(苦笑)そんでもって、



スタジオパーク07

「”あいつできなさそう!”ってやったら、おっ!すっげー!!って良いギャップになるんだけど、
俺のは悪いギャップですよ。何でもできそうって、実は何にもできねーんじゃんあいつって」

このテンション高いときの直人さんの表情がなんとも言えん…。


◇その他音楽活動の話やらありましたが、ちょっとすっ飛ばし、質問コーナーから。

☆「最近ハマっている食べ物やお酒はありますか?」


スタジオパーク08

「お酒はワインが多いですね。休肝日はまたオヤジに怒られちゃうんだけど…
…最近オヤジが休刊日の新聞の切り抜きをしょっちゅう送ってくる(笑)」

本日おやじネタ2回目です。たまーにコメントで出てくる藤木父^^


☆「苦手なことは?」


スタジオパーク10

「苦手なことだらけですねぇ~。虫とか高い所とか…」

「不思議なもので、寒かったりなんだったりして、
震えてたとしてもいざ本番!
ってなるとその瞬間だけは平気だったりするんですよね…」

さすが、それでこそプロフェッショナルな証。


☆「他に苦手なことってありますか?」

「苦手ぇ~何だろ?」って考えたら、女性アナウンサーがすかさず「苦手な女性は?」って。
(なんだろ?火曜サプライズでもみたんでしょうかね…)


スタジオパーク09

「苦手な女性ってどういうことですか?」

って笑って誤魔化した!!
これが伊勢谷監督だったら、
速攻「ギブ&テイクの早い女」って答えてるとこだけど(爆)


まぁ直くんの口から、そーゆうイメージの悪いコメントは聞いたことないですよ。きっと直くん、ウェンツタイプで相手に尽くすタイプなんだろうな…(って勝手にイメージ)。っとまぁこんな感じで、生出演にめちゃくちゃ緊張してる直くんでした。もうちょい、広がりのある質問をって思ったけど、直くんファン以外にも見るしね知らない人もいるから結局プロフィールからになっちゃうのが残念だったかな。

けど久々の直くんが観れたから嬉しかったなぁ~(つか、イズムはどした?)。そうそうこの感じ、忘れてたよ。やっぱり私の王子様…だからさ、ずーーーっと考えてたけど、あの記事がやっぱり気に入らない。。。

「王子様の箱」だって良いじゃないか~。

久しぶりに直くんデス。


直人2012_05


藤木直人Live Tour Ver10.0の詳細がHPで発表されましたねぇ~♪
今回のツアーは夏にリリースされるMini Albumのツアーってことですかい?

それも今回ファンクライブで限定チケットを購入すると、「FBI限定パッケージMini Album+特典グッズ付き」ってことで、なんと豪華な!!。だけど、一般販売されるアルバムに付いてる特典DVDはついてないんだってさ。

…ってなんでやねん!!もう1枚買わせよう作戦が見えみえなんですけどーーーー(爆)

だけど、ライブの日程自体は行けなくもないんだけど、一緒に行く人がいないからどーしよーかと。直チャンが好きで特にギターを弾く直チャンが大好きなんだけど、チケット&限定Mini Album付きで9000円は…ちょっと今の私にゃ痛いわ~~~~(遠い目)。とりあえず、申し込み期限まで考えてみよう。

明日は、NHK「スタジオパーク」(13:05~13:50)に生出演だしもしかしたら気が向くかもね。


プロフィール

ron

Author:ron
メインはなんだか西島秀俊になってるが、大沢たかお、藤木直人ネタも(時々)書いてます。

音楽はスピッツ、吉井和哉、高橋優が大好きです。

ミーハーブログですが、どうぞ宜しく♪

最新記事

最新コメント

リンク

スピッツPV



presented by スピッツYoutube

-Supported by ブログパーツ屋-

カテゴリ

月別アーカイブ

MONTHLY

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。