041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

category :藤木直人_映画レビュー

  • 2011.08.28(日)
  • g@me

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリック 霊能力者バトルロワイヤル


トリック霊能力者


公開年:2010年
監督:堤幸彦
出演:仲間由記恵/安部寛/松平健/佐藤健/

<STORY>

最強の霊能力者が村人を治める、因習に閉ざされた山村。“カミハエーリ”と呼ばれるその霊能力者が亡くなり、次代のカミハエーリを選ぶため、村では古くからの掟に従い全国から霊能力者を集め、「霊能力者バトルロイヤル」が開催されることになった。妖術を使う男・鈴木玲一郎(松平健)、カミハエーリの末裔・中森翔平(佐藤健)、時間移動の女・高階美代子(夏帆)、不死身なお人・伏見達郎(藤木直人)、未来が見える女・村尾園子(片瀬那奈)、踊る霊媒師・相沢天海(戸田恵子)らが参戦する中、優勝者が手に出来るという財宝をせしめようと、自称・超絶美人霊能力者の山田奈緒子(仲間由紀恵)も現れる。さらに、愚かな風習をやめさせるために物理学者・上田次郎(阿部寛)が、招かれ渋々やって来る。生死を賭けてトップを競う、恐ろしくも馬鹿馬鹿しい闘いがいま幕を開けた……。

<REVIEW>

観よう観よう、観なきゃ、観なくちゃ、観なくちゃいかんよなぁ~と思ってはいたんだけど、やっと観たよ、この不死身なお人・伏見達郎…不死身”なお人”の藤木直人。あーなるほど、って今落ちが分った私(←遅っそー)。

なんでこの直チャン観なかったんでしょうかね?この衣装に多少なりともフィードバックをしましたよ…いや、マジで引いてたからなんだけど(汗)。でもあれだよね、『ギャルサー』んときも、あ゛ぁ゛っ゛っと声にならない声をもらしたけど、見たらなんだか慣れちゃって、それよか直チャンの代表作になってしまったんですもんね。この変な役も愛があれば乗り越えられるんじゃないかしら?

映画館行かなかったよ、レンタル出て1年過ぎた?…そんなダメな直人ファン、いざ意を決して!!

『トリック』は深夜番組から観てたし、スペシャルもたぶんみんな観たと思うんだけど、映画だからといって何か違うんかな?と思ってたら、そーはいかなかったです。もろスペシャル版のドラマと一緒のパターンで、それがもう笑うしかない。「気負いのしないいつものトリックを劇場で!」と考えた堤監督なんだろうけど、それも悪くはなかったけど、もうちょい何かあっても良かったかなぁ~と。

だけど、やっぱり仲間由紀恵と阿部寛のコンビは何年経っても色褪せなく面白い。生瀬勝久演じるズラ刑事と池田鉄洋との刑事コンビもまたまた登場。ここぞの出番はないけど、やっぱり(ズラねた)いなきゃならない存在よねぇ。奈緒子のお母さん役の野際陽子さんの登場シーンでの、お習字「紀伊半多」も分る人には分るであろうギャグだったしねぇ~。会話のセンスの良さとか、ギャグの間の取り方とか、セットの看板とか色んなとこに注意して『トリック』の世界観を味わうのが1番の鑑賞方。

そんな直チャン、製作10周年の祝いの映画版に友情出演ってことで、なんか早く死んじゃうって聞いたから、どんな死に方するのか気になってたんだけど、その前にやっぱり変な衣装としゃべり方の直チャンに苦笑い。

「私は決して死なない不死身な体をもっています」
「その証拠に私は一度も死んだことはない」

…奈緒子もツッコンだけど、私も”普通そうだよ”って思ったさ。


トリック03


自分の変わりに最初に砕け散る”餃子像”…「クラッシュ・ザ・餃子~!」
「クラッシュ・ザ・ギター・ア~ンド・ミィ~!」


トリック04


10トンの鉄球が体の上に落ちても不死身な直チャン。だけど、柔らかい土の上に寝っころがることで重い鉄球が堕ちても体がくだけないトリックを奈緒子に見破られて、その反面松ケンに呪い殺されちゃうんだけど、これがまた2人の共謀だったから、後半で再登場!能力者を少しでも少なくするため、自分が死んだことにして、残りの能力者を消していく伏見達郎(直人)。次のターゲットは、主催者でもあり候補者のカミハエーリの末裔・中森翔平(佐藤健)に間の手が及ぶ…。

「俺、参上~~~~!!」…健くんの「仮面ライダー電王」ネタかいっ!
「不死身、伏見、ふしみ、…なーんちゃっておじさん」←はいっ?!


トリック01


完全にイってしまってる直チャンの演技。こんな顔できるんだー!ってなんか嬉しい。良い人よりも悪い人演じた方が合ってるのかもなぁ~と改めて思ってみたり。


トリック02


出たーぁ!ギターのネックをバット代わりに、得意のイチローの物真似~!!(って初めて見たんだけどさ)。と狙いを決めた瞬間、健くん?に呪い殺されちゃいます、チャンチャン。

んーーーーー、

藤木ファンにはやっぱり素敵な直チャンかも。どんな格好しようと、我らが「王子様」だよねぇ~。

レビューになってなくて毎回すいません(汗)。

スポンサーサイト

g@me


g@me


製作年:2003年
監督:井坂聡
出演:仲間由紀恵/藤木直人/石橋稜/

<STORY>

広告代理店のやり手クリエイター・佐久間俊介。彼は今、大手ビールメーカーの新商品キャンペーンを任されていた。だがある時、彼の案件はそのビール会社の副社長・葛城勝俊に破棄されてしまう。更には葛城から無能呼ばわりされる佐久間。プライドを傷つけられた彼はその夜、あてもなく葛城邸に向かった。その時、佐久間は偶然に葛城の娘・樹理と出会う。彼女は葛城の愛人の子として生まれ、不遇な生活を強いられていた。葛城に恨みを持つ2人はすぐに意気投合。佐久間が犯人、樹理が人質を演じる“誘拐というゲーム”を画策する…。

<REVIEW>

言わずと知れた藤木直人最高傑作!これで日本アカデミー賞新人俳優賞を獲った作品であります。

この直人にどれだけの人が心を奪われたことか…(って直人ファンだけか)。いや、そこのまだ直人を知らない奥さん!!きっと、これ観たらノックアウトされますよ!何回観ても心臓に良いのか悪いのか…?ストーリーは「game」と言うことだけあって、狂言誘拐やら、恋愛ゲームの駆け引きやら、予想を裏切る展開が待っていて結構楽しめます。

あと、私的に話題の「仲間由紀恵と藤木直人のラブシーン」…なんですが(恥)さすが美男美女だけにため息つくばかり。でもま、直くんのキスシーンなんて、なんて、やっぱり他の男優さんとは格が違う…やっぱりゾワゾワするほどエロイ(←っは?…いやほんとのことだもん)。


g@me01


それから白のタンクトップ姿の直くんの胸板とか…細身と思いきや脱いだら凄かった!


g@me05


それにしても、頭脳明快、スーツが断然似合って、挙句の果てに良い男な役が良く似合う。ちょいと嫌味な感じも溜まらなく良い雰囲気出してるし。どこから見てもどの角度から見ても素敵と思えるこの直ちゃん。


g@me04


映画のレビューってより、全然レビューになってない(苦笑)。

だから藤木直人語らせると私はダメなんだぁ~(遠い目)。

ごめん、直くん。




SUIT (『Jam Films S』)

たかおちゃんの『Jam Films』のレビューUPしたとこで、そういや藤木直人も『Jams Films』に参加してたんだっけなぁ~ってことで今日は直人映画です。

『Jams Films』から3年、7人の監督らがそれぞれ選んだ注目の映像クリエーターによる続編シリーズが、この『Jam Films S』。すでに長編映画で実績のある者もいれば、CM界、もしくはCGやVFXの第一人者ら、本来の活動フィールドの全く異なる7人が集められ、藤木直人は、浜本正機監督「スーツ suit」という作品に出演している。

この作品レビューを書くにあたって改めてあらすじや監督を確認したんだけど、脚本が浜本監督の原案を基に、飯田譲治が脚本を執筆いるんですよ~!。直人との絡みは『ドラゴンヘッド』なんだけど、まさかの映画レビュー2連チャンで(たかおちゃん『コールドスリープ』)飯田譲治が絡んでる~!!。たかおちゃんと直人って共演はないけど、違うとこで繋がり感じてしまったわ。

ん~だからパンツ一丁なんですかね?あ、観た人じゃないと分かりませんね^^;


SUIT


<STORY>

西暦2004年のある朝。突如訪れた日本の危機に、政府はアメリカ政府が開発したプロジェクトA・人間搭乗型兵器“スーツ"を発動させるべく、その操縦士にサラリーマンの今野英雄を選出した。一流企業に勤め、社長令嬢とも婚約中の彼はたちまちマスコミの寵児となるが、運悪くテレビ中継された彼の部屋には、昨晩ベッドを共にしたキャバクラ嬢のレイコの姿があった!やがて大混乱の中、偶然からスーツを装着してしまった英雄は、生還率98%の任務に出動させられる。

<REVIEW>

この「SUIT-スーツ」というタイトルが直人だから素敵なビジネススーツの話かと思いきや、全くの誤解、誤解もいいとこの戦闘用ロボットスーツ!とはねぇ~。この話ってSFなの???最終的に…あ、そうなんすか。

冒頭、涼しげに眠る直人の姿にドキッとさせられて、この作品のめちゃくちゃクールな役に期待したんだけどなぁ…。未知との生物と戦うヒーローに選ばれてしまったことでダメダメな直ちゃんの姿がボロボロと…^^;

世間は英雄の誕生に祝福ムードだが(まだ戦ってもないのに)、本人はそれどころじゃない。だって、社長令嬢との婚約者がいるにも関わらずキゃバ譲と遊んでたのが全国ネットでバレてしまったから。その前に英雄の部屋にまみたんが来るって知って、他の女がいるってことを隠そうと大忙し。

パンツ一丁でせっせと部屋を片ずける姿がなんとも言えないわ(そういや、このパンツもスタイリストさんが選んだものなのかしらん?)。慌ててジャージ着る姿も可愛いなぁ。生存率98%と喜ぶものつかの間、あとの2%は”死んじゃうじゃーん!!”って小西真奈美の胸にすがりつく姿は、もう子犬だねぇ~。

でも、誰だってどんな状況であってもイキナリ「あなたが選ばれました!」ってことになっても納得はできないよね。他人事だから、「行ってらっしゃーい!」って言えちゃうんだもん。未知の生物も怖いが、人間もかなり怖いと思うよ。

それにしても、スーツの装着はあまりの衝撃でしたねぇ(爆)あれはスイッチかい!

これもSF作品といって良いんでしょうか?…CG使いまくってましたよね。直チャン飛ばされちゃいましたね。この後はどうなったんでしょうねぇ~(笑)。

でもまぁ名前「今野英雄」。「英雄=ヒーロー」だからしゃーないよね^^v



プロフィール

ron

Author:ron
メインはなんだか西島秀俊になってるが、大沢たかお、藤木直人ネタも(時々)書いてます。

音楽はスピッツ、吉井和哉、高橋優が大好きです。

ミーハーブログですが、どうぞ宜しく♪

最新記事

最新コメント

リンク

スピッツPV



presented by スピッツYoutube

-Supported by ブログパーツ屋-

カテゴリ

月別アーカイブ

MONTHLY

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。